Blog

だから僕はあなたが決めたことを全力で応援する■優生

top2

 

 

「一度そう言いましたよね?」

 

 

例えば特にお仕事でのこんなシーン。

 

 

「これでいいですか?」とか「どっちにしますか?」

 

の問いに対して

 

「うーん…1でお願いします。」

 

そう答えた後に考えてるとやっぱり違う気がして来て、

 

「ごめんなさい、あの時は1だと思ったんですがやっぱり2でお願いできますでしょうか?」

 

「え?一度1だと言いましたよね?」

 

8520fd901d45bb68988c48238bd6b931

 

武士じゃなくてもそんなシーンはあります。

 

もちろん気心が知れた人との間では言い直しても受け入れてもらえることもある。

 

僕も今までそうやって助けてもらったことが多々あります。

 

 

でも出来れば一回で正解が出したい。

 

きっと誰もがそう思うと思います。

 

僕もずっとそう思ってました。

 

 

 

もちろん限りなく正解を出し続けることは可能かもしれません。

 

でもたとえどんなに知識が豊富で判断力があって、頭のいい人でさえ時に間違えることはあります。

 

これは有名な話ですが、iphoneなどで有名な「アップル」の設立者の一人であるスティーブジョブズ。

 

20150120233504

 

彼がいつもこの服装だった理由は出かける時に「服を選ぶという選択」をしないようにするためで、そういう小さな選択を極限まで削減することによって、大事な選択を迫られた時にしっかりとした「判断」ができるようにしていたと言われています。

 

同じ服を何セットも持ってたらしいです。

 

facebookの創設者のマークザッカーバーグやソフトバンクの孫さんも同じ理由で基本的に同じ服装だと言われています。

 

もちろん選択しなければならないことの大小はありますが、あれだけの人たちが「選択を間違えないため」にそんなことまでしているわけです。

 

でもそんな彼らでさえミスを犯すことがあります。

 

 

 

まあそんなでかい話だけではなくて、人は生きているとひたすらに選択をし続けながら生きています。

 

たとえば。

 

7時に起きるか、7時半に起きるか。

 

朝ごはんは食べるか、食べないか。

 

今日は歩いて駅まで行くか、自転車で行くか。

 

服はどれを着るか。

 

その全てに判断をしながら一日を過ごしています。

 

僕もそんな判断をしながら日々を生きている一人ですが、最近は今まで以上に判断をしなければならないシーンが増えてきました。

 

tlvblu3n_400x400

 

どの日にライブをするか、どの会場でライブをするか。

 

CDをいつ作るのか、どこで作るのか、どうやって作るのか。

 

例えばこんな感じです。

 

ありがたいことですが、同時にこんな悩みも出てきます。

 

 

「平日の方が行きやすいって言う声もあるしなー」

「でも土日の方が来てくれる人多いかなー」

 

 

でもたくさんの方の声に応えたいと思う以上、どっちにもメリットがあり、どっちにもデメリットがあります。

 

じゃあどっちが正解か。

 

ここでしなければならないのが「判断」。

 

しかし迷う要素がある時点で実はこの時点では答えなんてないんです。

 

 

片方を選べば、もう片方はわからない。

 

じゃあどうするか。

 

 

 

「決めた方で最善を尽くす。」

 

 

 

以前はそういう判断を迫られたとき僕はなかなか決められず先延ばしにしてしまうことがありました。

 

でもいくら先延ばしにしても状況は変わらず、むしろ不意に思い出してしまうのでそのたび憂鬱な気持ちになりました。

 

そして最終的に後悔することもありました。

 

 

それこそ一度決めたものの、もう一度考えてるうちに

 

「あれ?やっぱりあっちの方がいいんじゃないか・・・」

 

そんな考えがよぎってまたスタート地点に戻る。

 

そんなこともありました。

 

でも答え合わせは答えてからしかできないし、しかも答え合わせをするのは自分。

 

だからこそ大切なのは選択を間違えずに正解することよりも、決めたことで最善を尽くすこと。

 

top2

 

100点をつけるためにそこへ向かう。

 

そう考えるだけで変えられる気持ちがあるから。

 

 

そんな中で決めた来年の映画館ライブは思いついた次の日に会場を押さえました。

そして今最善を尽くすために日々を過ごしています。

 

とはいえこの日ばかりはあなたに一緒に100点を付けてもらうためにやっていますので、当日は当たり前としてその日までの間も一緒に思いきり楽しんでいただければと思っています。

 

ぜひ行くと決めてみてください☆
面白いもの届けますので^^

 

あと2ヶ月半の中最善を尽くしながら日々を過ごしている優生でした(`_´)ゞ

 

優生

 

■ゆるのクラウドファンディングプロジェクトページ
https://camp-fire.jp/projects/view/15043/

crowd2

《映画館ライブ》

「YURU THE MOVIE~Yuru 7th Anniversary~」

【出演】ゆる
【開場/上演】19:00/19:30
【料金】¥4.500
【入場順】
1.クラウドファンディング支援招待券整理券番号順
※今のところクラウドファンディング支援招待券以外の販売予定はございません。

【来場者特典】ゆずじゃないですゆるですSPDVDプレゼント!!
【会場】イオンシネマ茨木(イオンモール茨木内)
■住所 〒567-0033大阪府茨木市松ヶ本町8-30-2 イオンモール茨木4F
【最寄り駅】JR茨木駅から徒歩5分
■電話 072-621-0807(音声自動ダイヤル)
■イオンシネマ茨木ホームページ
http://www.aeoncinema.com/cinema/ibaraki/

このライブに向けて現在クラウドファンディングにて支援募集中!!
※クラウドファンディングとは
クリエイターや起業家が製品・サービスの開発、もしくはアイデアの実現などの「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ること

支援していただけた方にはCDやこの映画館ライブへの招待券、さらには打ち上げ参加権や楽曲のプレゼント、出張ライブ開催権など様々なお礼(リターン)をご用意!

■ゆるのプロジェクトページURL(※チケットこちらから)
https://camp-fire.jp/projects/view/15043/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る