Blog

新CDを考える(ジャケットその①)■優生

7%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

クラウドファンディングで作成している新CDですが、現在デザインイメージを考えています。

 

参考に前回ゆるが今年の2月28日の結成日に発売したCD「僕は輝く、君となら」を見てみる。

 

まずはこの部分。

jake1

 

(別に決まりではないけど)CDのタイトルなどを載せるCDの顔となる部分。

 

ジャケットの表面のとこ。

 

しかしCDのデザインはこの部分だけではなくて。

 

次にこの中面。

 

ake2

 

歌詞のとこ。

 

そしてCDケースの裏面に来るバック部分。

 

jake4

 

さらにCDの盤面。
banmen-temp

 

そしてこのCDを置く部分の下面に来るバックインレイ。

jake3

 

さらに帯。

 

jake5

 

こんなふうにこのデザイン実はかなり数があって、どこにどの写真を使って、そしてどんなデザインにして、さらにこことここが繋がってるようにしよう、ここにはこんなことを書こう、とかいろいろ考えるわけです。

 

 

そして今回は。

 

CDのテーマは「約束」。

 

タイトルは「君が来るまでまた待つよ」

 

そしてゆるの代名詞である「弾き物語」。

 

このすべての要素をこのCDのデザインの中で表現したい。

 

そう考えています。

 

 

そこで。

 

今回のCDは7周年に向けてのアニバーサリー的な作品にもしたいのでやはりメインのジャケットの表になる部分に「弾き物語」の要素を入れたい。

 

映画館ライブが発売日でもあるので映画館ライブをするきっかけとなったこの弾き物語要素は今回特に込めたい部分。

 

%e6%9c%ac

 

しかしその要素を込めたいと思ったのは今回が初めてではなくて、以前フルアルバムを作った時に実はこんな案がありました。

 

それは歌詞カード自体を本のようなデザインにして、本を読むように歌詞を読んでもらおうというもの。

 

この案が浮かんだ時かなりの名案だと思いました。

 

しかもフルアルバムは曲順がそのまま物語になっていて読み進めてもらう感覚で聞いてもらいたかったので内容ともリンクしていて完璧でした。

 

5yt6h%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

ってなったのを覚えています。

 

しかしこのデザインには実は大きな落とし穴が。

 

仮デザインを作ってもらった時に本のようなデザインというものは見た目の華やかさにかなり欠けるものがあることに気づきました。

 

さらにそれを加速させる原因として、CDの形がほぼ正方形ということと分厚さがないことから、パッと見ではそれがリアルな本のようには到底見えませんでした。

 

ならばせめて華やかにしようかという案も上がりましたが、カラフルにしたり、写真を載せてしまうとイメージするような本にはなおさら見えなくなってしまい、そうなってくるとそもそも本のようなデザインにしてる意味って一体何やったっけ?

 

と言う元も子もない状況に陥りかけたので却下。

 

意味や内容の部分だけにとらわれ過ぎて、CDの顔になるという部分が弱くなってしまっていてはだめなわけです。

 

 

では今回はどうするか。

 

意味や内容だけではなく、見た目の面白さや華やかさも欲しい。

 

そこで考えたのが、

 

1

 

見開きの本の写真をジャケットの表(CDの表のところ)部分に使うというもの。

 

でもここに「ゆる」と「CDタイトル」を入れるだけでは味気も無く華やかじゃないので、

 

9

 

ここにこんな風に自分たちが一緒に入ってみる。

 

棒人間で代用したものの本の中にゆるがいる絵は弾き物語感が強く出そう。

 

ただこれで本だけよりは少し目立つようにはなるけど、まだままだ足りないのでこんな感じの平面的な本の写真じゃなくて、リアルな本を手に持って撮った写真にしたらどうか。

 

8

 

適当に撮ってみただけでもこんなふうに読んでる手とかも入れたらさらに良くなりそうな感じ。

 

と言うことはこの読んでる本の写真を撮る場所をかなりこだわる必要がある。

 

さらにこの写真を撮る場所にCDテーマでもある「約束」という要素を入れられないか。

 

そこで浮かんだのが「約束=待ち合わせ」。

 

待ち合わせした相手と本を読みながら待てる場所。

 

7%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

となると。

 

p6286124-546x409

 

こんなところとか。

 

 

js

 

こんなおしゃれなカフェで読んでる本の写真をまず撮る。

 

そしてその中にゆるの写真。

 

よし。

 

少しずつイメージが湧いてきた。

 

全体イメージはそんな感じで行くとして。

 

8

 

ゆるの二人の写真の配置はどうか。

 

ただ一ページに一人ずついるだけではやはり味気がないし、アルバムタイトルである「君が来るでまた待つよ」の要素をここに出せないか。

 

ので。

 

一ページに一人ずつじゃなく。

 

5

 

左のページに二人にしてみる。

 

そこにゆるは一ページ先に進んだという意味を込める。

 

「俺たち進んだんだよ。ここでまた君が来てくれるのを待っているよ」

 

そんなメッセージを込める。

 

さらにこの先へ進むという想いも込めて、歩いている写真がいいかもしれない。

 

そして右ページに「ゆる」とタイトルである「君が来るまでまた待つよ」を書く。

 

うん。

 

イメージを形にするための道が少しずつ見えてきた。

 

では次は歌詞面。

 

歌詞面はどんな感じにしようか。

 

続く。

 

※この写真たちがそのままジャケットになるわけではありません。

写真、そしてデザインは棒人間しか書けない絵心うんこの僕ではなく、プロの方がやってくださいます。

このイメージたちがどんな作品になるのか楽しみにしててください(*^^)v

 
■新CDを考える(ジャケットその②)■優生
http://yuru2010.com/2017/01/29/2804/

優生

 

この6曲入りミニアルバムCDの購入は下記クラウドファンディングページより。

■ゆるのクラウドファンディングプロジェクトページ
https://camp-fire.jp/projects/view/15043/

crowd2

《映画館ライブ》

「YURU THE MOVIE~Yuru 7th Anniversary~」

【出演】ゆる
【開場/上演】19:00/19:30
【料金】¥4.500
【入場順】
1.クラウドファンディング支援招待券整理券番号順
※今のところクラウドファンディング支援招待券以外の販売予定はございません。

【来場者特典】ゆずじゃないですゆるですSPDVDプレゼント!!
【会場】イオンシネマ茨木(イオンモール茨木内)
■住所 〒567-0033大阪府茨木市松ヶ本町8-30-2 イオンモール茨木4F
【最寄り駅】JR茨木駅から徒歩5分
■電話 072-621-0807(音声自動ダイヤル)
■イオンシネマ茨木ホームページ
http://www.aeoncinema.com/cinema/ibaraki/

このライブに向けて現在クラウドファンディングにて支援募集中!!
※クラウドファンディングとは
クリエイターや起業家が製品・サービスの開発、もしくはアイデアの実現などの「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ること

支援していただけた方にはCDやこの映画館ライブへの招待券、さらには打ち上げ参加権や楽曲のプレゼント、出張ライブ開催権など様々なお礼(リターン)をご用意!

■ゆるのプロジェクトページURL(※チケットこちらから)
https://camp-fire.jp/projects/view/15043/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る