Blog

新CDを考える(楽曲その②)■優生

201010082332265de

前回アップしたその①はこちら☆
■新CDを考える(楽曲その①)
http://yuru2010.com/2017/01/03/2721/

 

今日はその①で決定したクラウドファンディング新ミニアルバムの収録曲たちさらに掘り下げます☆

 

ちなみに収録曲は
■泣いていませんか?(弾き物語)
■タイトル未定未来(弾き物語)
■こんな場所ガイル(2人で4人)
■相対性絶対的理論(2人で4人)
■決断トライアングル(投票楽曲)
■君が来るまでまた待つよ(タイトル曲)

 

まずこの曲たちのアレンジを考えます。

 

アレンジとはいわば主に編曲のことで、例えば「どんな楽器を使うか」「どんな音色にするか」みたいなもの。

 

ゆるには2011年の2ndシングル「涙」以降一緒に戦ってくれているアレンジャー「田中克幸」さん(ゆるの「涙」以降全てのCDのクレジットに載っています。)が仲間にいます。

 

出会った当初田中さんが言ってくれた

「僕ゆるさんと一緒に大きくなりたいです。」

d50570d9

 

それ以降田中さんとは海賊王を目指し、早5年の付き合いになりました。(あの言葉がすごくうれしかったことを今でも思い出します。)

そんな田中さんに最高のアレンジに仕上げてもらうためにもまずはイメージを考えていきます。

 

201010082332265de

 

もしここで手を抜くよいうなことがあれば僕らのような一海賊は一瞬でこの最弱の海イーストブルーで沈むことになります。

 

海賊王(まずは日本一のアコースティックユニット)になると決めた以上、ここは一曲ずつのイメージだけでなく、全体の流れも考慮して決めていきます。

 

すでに「2人で4人」のスタイル(ギター4本でアレンジするゆるのアコースティックスタイル)で収録を決めていた

「こんな場所ガイル」と「相対性絶対的理論」

 

この二曲のアレンジを作っていく段階で龍生くんから提案が。

 

image2

 

「決断トライアングル」の方が「2人で4人」のスタイルに向いているんじゃないかと。

 

その理由としてさらに「こんな場所ガイル」と「相対性絶対的理論」の曲調(テンポ感)が近いということもあるので、アルバム内での差別化をより鮮明にするために2人で4人のスタイルは「相対性絶対的理論」と「決断トライアングル」でいきたいと。

 

今回のミニアルバムはゆるの結成7周年の作品であることもあり、すべての曲に「THE ゆる」を感じてもらいつつ、1枚の中で様々なゆるを表現することを大切にしています。

なのでアレンジ面での差別化は必須ということで当初の予定を変えて2人で4人のスタイルは

「相対性絶対的理論」と「決断トライアングル」でいくことに。

 

 

それならなおさら「こんな場所ガイル」はこの2曲とはまるで違う今までのゆるにないものにしたい。

そしてここは船員の田中さんに相談。

そこできた前奏のアレンジがこれ。

 

 

「今までのゆるにないもの」

 

最高!!

そことバシコンッ!とハマったのでこれでいこう!と決定。

 

 

そして弾き物語である「タイトル未定未来」と「泣いていませんか?」さらに今回のタイトル曲でもある「君が来るまでまた待つよ」は壮大な主題歌をイメージしたものにしたい。

でも6曲中3曲がゴリゴリすぎるのは少し重たくなるんじゃないか。

何かここにも差別化、そしてアルバムとしてのアクセントをつけられないかと。

 

そこで浮かんだのが

 

c6x_op_04

「ピアノのみのアレンジ」

 

ではどれがそれに最もふさわしいか。

そこでまた考える。

 

まずこの3曲の中で

「タイトル未定未来」は前回デモシングルとしてピアノアレンジverでレコーディングをしていたので今回は違うものにしたい。

 

「君が来るまでまた待つよ」は今回のタイトル曲なので(曲順的に考えても)締めくくることのできるような壮大なものにしたい。

というような思いもあり、ピアノのみのアレンジは「泣いていませんか?」でいく。

 

これでアレンジイメージは決定。

 

■泣いていませんか?(ピアノアレンジ)
■タイトル未定未来(壮大に)
■こんな場所ガイル(今までのゆるにないもの)
■相対性絶対的理論(2人で4人)
■決断トライアングル(2人で4人)
■君が来るまでまた待つよ(締めくくれるものに)

 

 

ここまでくればあとは曲順。

あなたならどんな曲順にしますか??

ぜひ一緒に考えてみてください(*^^)v

 

続く!

 

優生

 

この6曲入りミニアルバムCDの購入は下記クラウドファンディングページより。

■ゆるのクラウドファンディングプロジェクトページ
https://camp-fire.jp/projects/view/15043/

crowd2

《映画館ライブ》

「YURU THE MOVIE~Yuru 7th Anniversary~」

【出演】ゆる
【開場/上演】19:00/19:30
【料金】¥4.500
【入場順】
1.クラウドファンディング支援招待券整理券番号順
2.通販チケット整理券番号順

【来場者特典】ゆずじゃないですゆるですSPDVDプレゼント!!
【会場】イオンシネマ茨木(イオンモール茨木内)
■住所 〒567-0033大阪府茨木市松ヶ本町8-30-2 イオンモール茨木4F
【最寄り駅】JR茨木駅から徒歩5分
■電話 072-621-0807(音声自動ダイヤル)
■イオンシネマ茨木ホームページ
http://www.aeoncinema.com/cinema/ibaraki/

このライブに向けて現在クラウドファンディングにて支援募集中!!
※クラウドファンディングとは
クリエイターや起業家が製品・サービスの開発、もしくはアイデアの実現などの「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ること

支援していただけた方にはCDやこの映画館ライブへの招待券、さらには打ち上げ参加権や楽曲のプレゼント、出張ライブ開催権など様々なお礼(リターン)をご用意!

■ゆるのプロジェクトページURL(※チケットこちらから)
https://camp-fire.jp/projects/view/15043/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • さおっちゃん
    • 2017年 1月 13日

    こんばんは。
    前にツイキャスでこのブログのようなことを話してるのを聞いていた時、パッと浮かんだものがありました。
    それが、ルービックキューブです。
    色んな色を持つ面があって一見バラバラに見えるかもしれないけど、バシッと整ったとき個々が均一に主張されていてバランスも良いし、一つの形として見えたりして。
    そんな部分がなんか似てるなぁと思いました。

    で、このブログを読んだとき、曲順!っていう意識が強くなったので、1〜6の数字が浮かんで、一瞬で別の立方体のサイコロが浮かびました。
    サイコロは向かい合う面を足すと7になるから7周年にもぴったりじゃん!て勝手になってました。笑
    これもまた二つの数字が手を取り合って一つになる感があって、私の中では、THE ゆる だなぁ。なんて思いました。

    だから、こうだったら良いなぁという思いを込めて(ルービックキューブとサイコロを思い浮かべて)の予想ですが、参加させていただきます。
    ※サイコロとルービックキューブとか言っててふざけてるみたいだけど私なりに真剣に考えて理由があってのこの並びです。笑

    1.こんな場所ガイル
    2.泣いていませんか?
    3.決断トライアングル
    4.相対性絶対的理論
    5.タイトル未定未来
    6.君が来るまでまた待つよ

    曲順考えるのってすごく難しいです (´;ω;`)
    頭パンクしそうでした 笑
    ゆるの考えに考えた曲順が楽しみです。

    • MAKI
    • 2017年 1月 14日

    ブログ何回も読みました。
    歌詞も何回も読みました。
    そしたら悩みすぎてわからなくなりました。笑
    自分の好みがぐいぐい出てきちゃって…( ´-` )
    でも考えてる時間、楽しかったです!

    1泣いていませんか?
    2相対性絶対的理論
    3こんな場所ガイル
    4決断トライアングル
    5タイトル未定未来
    6君が来るまでまた待つよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る