Blog

ゆる優生の本屋さん■優生

8p-jaket_p2-p7

日本人の平均読書量は1月あたり約1冊。

2冊、3冊読めば読書家と呼ばれ、7冊読む人は日本の上位4パーセント。

 

僕は大体月に10冊は読むのできっと3パーセントくらい。

 

先に言っておきますが、「俺上位3パーセントなんだぜ!!すげぇだろ!」的なう〇こち〇んち〇で大爆笑しちゃうような幼稚なことを言っているわけではなく、単純に「本を読む」という一面において3パーセント位に入るほどの本を読んできました。(近年は特に)

 

もちろん読めばいいというものでもないし、本を読んでいなくても知識が豊富な方はいるし、素敵な方は山ほどいます。

 

同じく逆に本をたくさん読んでいてもう〇こち〇んち〇な方もいます。

 

ただ僕は今の自分以上になるためには外から取り入れる、違う声を聞くということ以外ではできないと思っているので、本を読みながら自分の考えと混ぜて、いろいろ考えることが好きです。

 

友達と話したり、映画を見たり、帰り道をいつもとほんの少しだけ変えてみたりすることも同じ。

 

もちろん本の中にも読み始めて「なんやこのクソみたいな本は!!ジーザス!!」ってなるものもありますが(でも最後まで読むと一つは取り入れられそうなものが必ずと言っていいほど見つかる。)、その分野の専門家なり、ひとつのテーマに対してひたすら考えまくった人がかなりの時間をかけて、それをさらにできる限りわかりやすくまとめて、伝えようとしてくれています。

 

そこには確実に誰かにとっての価値があります。(クソだと思ったのは自分がその対象じゃなかっただけ)

 

話をしたり、映画を見たり、旅行したりするのもそれぞれに違う「魅力」「気づき」がありますが、情報量とスピードに関しては特に本は有能です。

 

読めば読むほど読むスピードは上がるのでそれはさらに加速します。

 

そんな本たちですが読み終えるとたまに読み直したりはするものの、しばらくすると本棚から出すことはなくなります。

 

なので今まである程度たまってきたら、捨てるか、売ってきました。

 

そしてまたなかなかの本がたまってきたので処理しようと考えていましたが、最近本の話をいろいろしてるうちにこんな声をもらうようになりました。

 

「本を読みたいとは思うけどどんな本から読んでいいのかわからない」

 

とか

 

「どんな本読んでるの?」

「それを知りたい」

 

今まではあまり読んでる本を紹介したことも無かったので、その声を聞いてなるほどと。

 

ただただ本を読みたいという声と共に僕の読んでいる本に興味を持ってくれている方がいる。

 

ならば他で捨てたり売ったりするなら、僕が読んだ本に興味を持ってくれている方に届けようと。

 

そこで最初は無料で提供しようとも考えましたが(ライブにバサッと持って行って欲しい本あればどうぞ的な)、当たり前ですが一冊ずつしかないことと、無料で手に入れてしまうと結局読まなかったりすると思うので、「本当に読みたい方」の手元に渡るようにするために販売させていただこうと思います。

 

綺麗に保管してきているのでほぼ全冊きれいです。

 

もともと古本屋さんで買ったような少し汚いものは値段を下げます。

 

とりあえず全冊売値の半額の値段設定にしますが、正直ここで儲けてやろう的な発想はないので(「売れたらそれでまた本買いたいな」くらい)、他のところでの販売金額等は各自でお調べください☆

 

他の古本屋さんで買えばもっと安く売っているところもあるかもしれないし、興味があれば他で買うことももちろん可能です。(僕が読んだだけで僕が書いたわけではないので。笑)

 

んまあ僕が読んだもので良ければゆる優生の本屋さんでどうぞ^^

 

ただ購入してくれた方にはせっかくなのでその本に関して僕が想ったことや、素敵だと思った部分などの一言を添えて、発送させていただきます。

 

つまり素敵だと思った本しか出品いたしません。

 

その売り上げに関してはまた新しい本を買って、それをそれぞれ随時出品させていただこうと思っています。

 

「間接的ではなく、直接」

 

これもその一つになればいいな。

 

 

試しにまずは有名な本たちを4冊だけ出品しましたので、今の僕を作るものたちに興味があればぜひどうぞ☆

 

後程本の紹介も追記します。

 

通販ショップでの販売ですので、他のCDやグッズとともに購入いただくことも可能です。

 

■ゆる優生の本屋さん
http://yurushop.thebase.in/

 

S__37191688

 

いろんな声を聞いて、自分と混ぜて、大切だと思うものを次の自分にしていく☆

 

優生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る