Blog

一歩目の次は二歩目

444

よく言われる「一歩目」を踏み出す大切さや難しさ。

 

一歩目を踏み出すのはすごく勇気がいると思います。

 

会社を辞めたり、夢を持って専門学校に行ったり、オーディション受けたり、他にも初めて学校で友達に話しかける時もそうです。

 

でも当たり前ですが「一歩目」の次には「二歩目」があります。

 

崖から飛び降りることを「一歩目」とするなら、「二歩目」はそのあとどうやって着地するのかということで、

勇気を持って飛び降りたはいいけど、そのあとどうすればいいかわからないと地面に叩きつけられてしまいます。(本当の崖じゃないのでそれはそれで次に繋がるけど、わからなければ何度も繰り返してしまう)

 

一歩目が「勇気」なら、二歩目は「努力」と「興味」

 

ホームステイをして、現地で日本人とひたすら一緒にいて、全く言語を覚えられず帰ってくるなんて話はよく聞いたことがあります。(もう一度言いますが、もちろんそれはそれで経験になると思います)

 

今回ホームステイさせていただいているお家の皆さんは土日は日本語が話せる子(今回僕たちにホームステイのキッカケをくれたタイでスタッフもしてくれているノンインちゃん)がいますが、平日は夜まではゆるとお母さんとお父さんとお兄さん。

 

お兄さんは英語が話せますが、基本的にはタイ語でのみ会話をしています。

 

皆さん本当に優しくて、料理もうますぎて太りつつあるほどいただいていますが、最初は話しかける時などやはり少し勇気はいりました。

 

そんな風にずっと勇気が必要な生活の中現在10日が経ちました。

 

もちろん興味と努力ありまくりで来ていますので、ひたすら新鮮で輝く日々でもありますが、常に初めてのことがあふれているので、そら不安だってあります。

 

今最もありがたいことは、その新しいことに直面するたび、かなりたくさんの方が飛び降りた僕らを支えてくれているということ。

ホストファミリーの皆さんは言葉の通じない僕らにわかるまで話してくれるし、いろんなところに旅行に連れて行ってくれた友人たちは何度も僕たちのSNSのために写真を撮ってくれました。

 

パラシュートの作り方や、クッションの作り方、はたまた「そこから飛び降りるよりここから飛び降りたほうがいいよ」と言ってくれる人、過去に飛び降りた経験者を紹介してもらったり、その人と話したり。

 

そんなふうにたくさんの方のおかげもあって、今週末から来週にかけて、いろいろなところで歌を歌うことになっています。(近々告知します)

 

ここにあるのは愛でしかなくて、僕たちの二歩目を凄まじい力で支えてくれています。(彼女、彼らたちには必ず同じく全力の愛を持って返します。)

 

一緒に喜んでほしい人がまた増えました。

 

そして僕もあなたが僕らの背中を押してくれて支えてくれたように、あなたの一歩目の背中を押したあと、二歩目も本気で支えて行きたいと思っています。

 

 

そのためなら音楽だけの必要なんかないし、「頑張れ」じゃなくて、「頑張ろうぜ」がいいです。

 

あなたも無理せず。

 

頑張ろうね^_^

 

優生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る