Blog

僕らはミュージシャンなので

IMG_3773



アジアの曲を様々聞く中でタイの楽曲が素敵なことを知りました。

 

そこからタイのことを知りたくて、いろいろ勉強していく中で、YouTubeがかなり盛り上がっていることを知り、日本語に翻訳したカバー動画をYouTubeに投稿しました。

 

それが2016年の夏。

 

そこから去年と今年にバンコクで行われたJAPANEXPOに出演させていただき、YouTubeのチャンネルはタイからのアクセスが約9割で、登録者数は現在約58.000人です。

 

そして今はたくさんの方に出会えたキッカケをくれたタイを愛し、タイの魅力を日本で本気でひろめるため、十数年前の韓流ブームを超えるようなタイのブームを日本で起こすことを目標にしています。

 

この約一年半の間で僕たちがたくさんの方に知ってもらえるようになったのは(もちろんまだまだ頑張りたいけど)、本当にたくさんの方の協力があったからでした。

 

その多くの人が日本を愛するタイ人であり、タイを愛する日本人であり、僕たちを愛してくれる日本とタイのファンのみんなです。

 

そんな彼ら、彼女らが存分に楽しめて、もっと言えば存分に働くこともできる環境を作りたい。

 

まだまだ自分たちに精一杯な僕が言うにはおせっかいがすぎるのかもしれませんが、この8年間折れそうになる日がありながらも、僕たちのために泣いてくれたり、背中を押してくれる周りの人を笑顔にするためにミュージシャンを続けてきました。

 

もちろん始めは単なる憧れだったけど、「誰かのために」ができない奴はステージの上に立つ意味はなくて(それが無いなら他で仕事して、カラオケで好きなだけ歌えばいい)、この道を諦めずに続けてきたのは本当にそれだけです。

 

何度も言って来ましたが、ライブの本数は減り、気軽に見れた路上ライブも終わり、YouTubeの字幕は英語が加わり日本の方にとっては少し見にくくなり、なおかつ自分たちの知らない言語の国のカバーを始めたこの僕たちのことを、

 

それでもなお応援し続けてくれた、信じてくれた方たちがいます。(ライブに来てくれている人だけを言っているわけではありません。想い続けてくれている人がいることも信じています。)

 

その人たちに「おお!ここまでやったやん!!ほらな!!やっぱりな!」と言ってもらうことが1番のありがとうだと思っているし、「タイで人気出ました、よし!はい!日本さよなら!ほな!」とすることほどダサいことはないと思っています。

 

それら全てが繋がり僕らはステージの上に立つことを選んだミュージシャンなので、「日本」で「タイ」ブームを起こすことを目標に決めました。

 

自分が今したいことを追求したらそうなりました。

 

その目標達成において、そこに「俺がどう」とか「自分たちがこうなる」とか「Yuruがその時そうしたい」みたいな自分たち主導の想いはありません。

 

もちろん今まで何度も言って来たように、大阪城ホールでライブしたいといったような「自分たちがしたい」という、憧れや喜びを満たしたい目標もあります。

 

ただタイブームを起こしたいという目標に置いて、自分たちがどうとかいう感情はどうでもよくて、本当に出会えたみんなが飛びきりに笑ってくれて、素敵な大好きなタイの魅力が日本の方たちに伝わってほしいことだけを思っています。

 

なのでここまでの僕たちの活動ではまだまだ自分たちだけの範囲を超えられていなかったので、もっとたくさんの人と盛り上げたいです。

 

今行なっているタイの楽曲の日本語カバーも単純にもっとたくさんの方にタイの音楽を知ってもらうために、たくさんの方に歌ってもらいたいと思っています。

 

その一つとして日本のYouTuberの方たちとコラボする計画を進めています。

 

この計画は日本国内にとどまらず、新たな視聴者や視聴数を求める日本のYouTuberの方にタイの最新曲をカバーしてもらうというもので、その作詞とアレンジを僕たちが提供させてもらおうと思っています。

 

タイの年間再生数トップ10はほとんどが億再生を超えていて、日本のYouTuberの方にとってタイは、また新たに多くの人に動画を届けられる場所でもあります。

 

そこにYouTuberの方がタイの最新曲をカバーをして、本家の方の関連動画からの再生数を獲得、そしてその方のファンの方からの再生数をプラスして、日本の年間再生数ランキング一位を取ってもらうというのが大まかな概要です。

 

そうすることができれば、タイの楽曲が日本に知れ渡ることになり、タイのミュージシャンの方たちの日本進出の力になれるはずで、さらに日本のYouTubeがアジアのステージに行くことを後押しできると思います。

 

いわゆるwin×winというやつです。

 

この内容を見てすごくいい!と思った方がいるのなら、そっくりそのままパクっていただいても構いません。

 

それで僕たちが愛するタイのブームが日本で起こるのなら、僕たちの一つの目標が達成することになります。

 

達成さえすれば僕たちにとってはどんな状況であってもwin×win×winです。

 

ただそれをこれを見た他の誰かが進める場合は愛を持って進めてくれたらすごく嬉しいなぁということと、すでに資料のタイ語翻訳やミュージシャンの方へのアプローチなどいろいろ動き始めているので、僕たちとやる方が確実に繋がりとスピード、そして愛があると思います。

 

さらに僕たちがやってきたように、タイの曲をカバーしたいという方がいればいくらでも相談に乗ります。

 

例えば僕らの日本語歌詞を歌ったり、楽器が弾けないという方は僕らのギター音源とコラボするなどいろいろな方法もあると思います。(カバーしたら良ければ連絡ください☆)

 

 

本気で日本でタイブームを起こしたいです。
よろしくお願いします。

 

 

同じ想いでタイを盛り上げたいと思っている方がいれば、ぜひまずはメッセージください☆

 

■Yuru連絡先
info@yuru2010.com

 

ゆうき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る