Blog

Yuruの利益

123

今日から活動9年目がスタートしましたが、今年は派手な形でのライブなどはなく、今日も朝から今やるべきことをひたすらにやっています。

 

たつきくんの部屋からは全く同じギターフレーズがひたすらに聞こえてきていて、最初はいい感じだなぁと耳を傾けていましたが、あまりにも同じフレーズがしつこいので少しだけイライラしてきています(まだまだ共に積み重ねていきます)

 

今はそんな風にやりたい明確なことがありまして、今は随時カバー曲や資料を含めた制作に打ち込んでいます。

 

そんな感じで楽しくやっていますが、前回の「タイブームを起こしたい」という僕の記事を見て、ありがたいことにいくらか声をいただきました。

 

いろいろな意見をもらいましたが、ざっくりまとめて言うと、それをするにあたっての「Yuruにとっての利益は?」というものでした。

 

これに関しては心配してもらっていただいた声でもあるので、本当にありがたいんですが、前回の記事に書いた通り「日本でタイブームを起こす」という目標に関して、僕たちは自分たちの利益がどうこうは本当に全く考えていません。

 

たぶん僕たちがすでに絶大な人気があれば、説得力がもう少しあるのかもしれませんが、本当に純粋に日本でタイブームを起こしたいだけです。(理由は前の記事に書いた通りです)

 

周りにいる好きな人たちともっと楽しいことがしたいだけです。
もう本当にそれだけです。

 

前も書きましたが、悲しいことに僕は本当にYuruの活動以外でなかなかお金を使うことがないので、そこに関しての欲の持ち方がよくわかりません。(手にしたお金は必要最低限を除いて、全てYuruのために機材や宣伝費などに使ってきました。※カッコつけておごることもあります。)

 

僕も生活しているので、もちろんお金は必要です。

 

でも何かをする時にそこに確実にお金を含む利益があるかどうかは大切なことではないと思っているし、利益は求めてもらえるからこそ発生するものであって、「日本でタイブームを起こしたい」という僕たちの想い(自分たちがそうしたいだけ)とは全く別の話です。

 

「雨降ってるから駅まで送ってほしい」という母親を車で送ってあげるやつの「規模でかい版」だと思ってもらえたらと思います。(誰にも頼まれてませんが。)

 

ただその中で誰かがそれをビジネスに利用してもいいし、それが友達なら全力で応援するし、自分たちがこんなビジネスをしてみたい!と思うこともあるかもしれません。

 

ただビジネスが成り立つということはそれを求めてくれる人がいるというだけのことで、それ以上でもそれ以下でもなく、もうただ「それ」なだけです。

 

本当にただそうしたいし、チャレンジしたいです。

 

ゆうき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る