Blog

君との思い出は別の話さ

僕らが現在主催者として作っている場所は定期的に行なっている企画ライブやタイでのライブなども含む「ライブ」と「オンラインサロン」「各SNS」の大きく分けて3つ。

 

SNSもその場に生まれる会話やいいねやリツイートによるコミュニケーションの中心にいるものとして主催者であると考えています。

 

これらのコミュニティ(同じものをキッカケに楽しむために人が集まる場所)を作っているものとして皆さんにしっかり伝えておきたいことがあります。

 

僕たちは2010年から活動を始め、現在活動9年目を迎えています。

 

そうなってくると何年も前から知ってくれている方、つい最近知ってくれた方、遠い昔に一度だけ会った方、もうしばらく会っていない方、国籍が違う方、といったふうに様々な繋がりの方がいます。

 

他にもストリートで出会った方やライブハウスで出会った方、カバー曲をキッカケに出会った方や、違うミュージシャンをキッカケに出会った方、僕らのことが1番好きな方、1番ではないけど好きな方、物理的になかなか会えない方など、本当に様々な方がいます。

 

その全ての方にちゃんと伝えたいことがあります。

 

同じ場所でライブを楽しむ時、何かを作る時、議論をする時、意見交流をする時、などなどその全てにおいていつから知っているか、どれくらい知っているかは何の関係もないです。

 

ですのでどなたでも安心してライブもオンラインサロンもSNSも参加してください!

 

こう言うと「参加させるために言ってる」とか思う方がいるかもしれませんので、正直に答えておきます。

 

「うるせぇっ!!その通りだよ!!」
(ここで読むのやめないでお願い)

 

ただ。

 

このメッセージは参加したいなーとか、どんな感じなんだろうな?とか思ってくれているのに、このようなことが不安のハードルになっているという方へのメッセージです。

 

すでに参加してくれている方、そしてこれから新たに参加してくれる方のために、このようなことを主催者がしっかり発信しておくことは、自分たちが作る場所のみんなの安心のために大切なことだと考えています。

 

このようなことをないがしろに活動を続けていると、ファンの方同士でほぼ間違いなく、このような意見が出ます。

 

「にわかのくせに」
「私なんかが参加して良いのだろうか」

 

だからぼくは定期的にしっかり伝えることにしています(これまでもそうしてきました)

 

特にオンラインサロンはそれぞれが自由な熱量で参加していただくこともできるし、ただ見ているだけでも面白いと思います。

 

1ヶ月だけ参加して、違うなと思ったらすぐ抜けることもできますので、興味ある方はぜひまずはのぞいてみてくださいね☆

 

今は夏に向けての大プロジェクトへの道として行っている10万いいねプロジェクトのことや、チームとして動き始めた井上恵一さんのベトナム交流会のこと、などなど。

 

とにかく未来のことを楽しく話しております。

 

誰もが最初はにわかさ〜
繋がり方は自由さ〜
が合言葉です。
 

ゆうき

 

ライブのご予約はこちら↓
http://yuru2010.com/ticket/

Yuruのオンラインサロンはコチラ↓
himitsu2

Yuruのライブ開催はコチラ↓
raibu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • さおっちゃん
    • 2018年 5月 23日

    ○があったとしたら、今までは割と中心に近いところにいたけど、今は内側スレスレか円の外にしがみついてるくらいな感覚でいたから、伝え方や頻度も慎重に、それに見合った言葉を選ばなくてはとずっと思ってて。そもそもその立ち位置だって自分で選んだものだけど、コメントだけで繋がろうとしてることに後ろめたさを感じたりもしていたのが正直なところです。
    今までも散々ゆるからはいつからとかどれくらいとか関係ないって聞いてきたのに、だからそんなのわかってるはずなのに、やっぱり該当する立場になると不安は生まれるものなんだなぁって。
    ライブに行くとか、サロンに入るとか、行動で示す部分を減らしてしまったのは全部自分なんだけど、ゆるが一番だと思う部分も沢山あって、ずっと変わらない想いもある。
    それが嘘じゃないのに嘘に聞こえてしまいそうだから浅い角度からしか言葉を送らないようにしようと決めてました。

    でも、「繋がり方は自由さ」って、このたった一言がとてつもない安心感をくれました。

    こうして定期的にゆるが声を上げてくれることって本当に大きいんだなぁ(気持ちへの影響が)と、今回のブログで初めて気付きました。

    涙溢れる文字を沢山並べて届けてくれてありがとう ☺︎

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る