Blog

Yuruがタイのカバー曲の未来で考えていること

最近カバーのことに対していくつか連続で記事を書きました。



 

これらの記事はカバー動画についてのことと言うよりは仕組みのことを詳しく書いたり、裏ワザなんて言葉も使って紹介しましたが、全てにおいて伝えたいことは「作って終わりにするのではなくて、ちゃんと届けるまでを考えるということ」です。

 

カバーをして自分たちのことをたくさんの方に知ってもらいたいという想いや、そのアーティストに対するリスペクト、それを喜んでくれるファンの皆さんに対しての感謝など全て含めて、それを実現するにはまずはちゃんと届けなければ始まりません。

 

つまり届かなければそれらは全て実現させられない。

 

だからこそどうすればもっと届けられるか、どうすればもっとオリジナルのアーティストさんにも還元できるか、どうすればファンの方たちにももっと喜んでもらえるかなどを考えることは大前提として大切なことだと思っています。

 

そして今回はそのために僕らがその未来でやりたいこと、今進めていることを具体的に紹介させていただきます。




■タイのミュージシャンの方たちの日本での活動のキッカケになる

これは今までも何度も言っていますが、このカバー曲に限らず、誰かと何かを一緒にやるとき、それがいくらおこがましかろうと、いくら一方的であろうと(カバーはほとんどの場合一方的にやるのでこれに当てはまります)、お互いが未来でプラスになるようなことを考えなければ続くことはないし、大きな力を生むことはないと思っています。

 

例えば人気YouTuberの方がカバーして何百万再生なんて動画が出た時には本家の方の再生数も伸びるし、著作権料としてご本人に収益が支払われます。(この仕組みに関してはまた詳しく書きます)

 

つまりこれはお互いがプラスになる仕組みをすでにYouTube側が作ってくれているということです。

 

でもそれはすでに用意されているものとして全員に当てはまるので、その先を考えます。

 

僕たちで言えば自分たちのカバーをキッカケに日本の方たちがタイの音楽に興味を持って、楽曲をダウンロードしたり、タイのミュージシャンが日本に来る時などにライブに遊びに行ったりしてくれることがその一つです。

もちろんこの力を大きくするには僕らが日本でもっとたくさんの方に知ってもらうことが一番なことはわかっています。

 

ただ現段階でもできることは十分にあって、その一つとして僕らの翻訳歌詞を日本語verとして使ってもらえたらとずっと考えていました。

 

そして月日は流れ現在、実際に日本語詞の作詞依頼をいただき、あるアーティストさんの新曲の日本語verの作詞を担当させていただくことになりました。本当に嬉しい!

ただまだ最終OKではないので、もししばらく続報がなければ忘れたふりをして、そっとしておいてください。(あの翻訳どうなったんですか?とかは聞かないでください。)

 

個人的にはタイのミュージシャンの方たちの日本語verは全曲担当させていただけるようになりたいくらいの想いでいます。

 

僕はタイの音楽に本当に助けられたし、本当に感謝してます。この気持ちを返すことができるきっかけがもらえて本当に嬉しいし、そんなきっかけを自ら作ることができるようにも頑張ります。

 

■日本のYouTuberの方とのコラボ

これも以前からFacebook等で何度か宣言してきましたが、ご本人と僕たちのこと、そして日本のYouTuberの方のトライアングルでの企画を考えています。

内容としては日本で活動したいタイのミュージシャンの方の楽曲を僕らが翻訳して、作詞をしたものを日本のYouTuberの方にも歌ってもらう。

 

これによってタイのミュージシャンの方たちは日本で自分達の楽曲をひろめることができる。

さらにタイは現在YouTube視聴時間が世界一なので、日本のYouTuberの方たちにとっては新たな視聴者との出会いが大きくひろがります。

そして僕たちは日本でタイブームを起こすという目標があるので、三つ巴で高め合えます。

 

一緒にしたい方いればぜひご連絡ください~!

 

■タイ人が歌う日本のカバー曲

そして同時に進めているのが、タイの方と日本のカバー曲をコラボすること。

こちらは第一弾のレコーディングが先日終了しました。(数年ぶりに日本のカバー曲を歌いました。)

 

そしてYuru単体でもまた日本のカバー曲をやっていきたいと思っています。

 

さらに以前と違うのはそれらのギター音源を一般公開していくことで、誰でも自由にコラボ動画を出せるようにしていきます。

現在は今までカバーしてきたタイの楽曲のギター音源を一般公開していて、すでに数組の方とコラボさせていただいています。

 

こうすることでたった一本の動画で終わるはずだったものが何本にもなります。

 

同時に「カバーしたいけど楽器が弾けない」「楽器はできるんだけど楽器のカバーをするためには原曲の音源を使いたいので著作権に引っかかってしまう」などの理由でチャレンジを一歩踏み出せなかった人たちの力になれたらと思っています。

そしてそれはオリジナルのアーティストの方の著作権を侵害することなく、その楽曲をひろめることもできる。

 

最近日本の曲をタイの人がめちゃめちゃカバーしてるのはなぜ!?みたいになると最高っす。

 

このやり方は生演奏でのギター4本アレンジを追い求めてきた僕たちだからこそできるやり方でもありますが、まだまだ他にもカバー曲でできること、カバー曲がやるべきことはたくさんあると思っています。

 

■全員ハッピーにする

とにかくここを忘れてしまって、「自分が!自分が!」となってしまっては何も見えなくなるし、結局何も進まなくなってしまいます。

どうしてかそう言うときれいごとのようにとらえられることがありますが、継続して大きな力を生み出していっているものは関わる人全員がハッピーになっているものだけです。

 

最近よく言われる「好きなことを仕事にする」という言葉も僕はこのような想いから生まれた言葉だと思っていて、好きだから未来を考えるし、やれることが思い付くんですよね。

要は好きな人には想いを伝えるべきだ!というのと同じで、想っているなら行動や言葉で表現することが大切です。

 

もちろん人によっては僕らが発信する作品(コンテンツ)に興味がないものもあると思います。

タイに興味のない日本人のファンの方がたくさんいることもわかっています。

 

だからこそ僕たちは自分たちのために好きなものを全力で大切にします。

 

そしてその姿がみなさんにも好きなことを大切にしてもらえるキッカケになれたら本当に嬉しいです。

 

そしてその僕らに対しても共感してくれるのなら、とりあえずはいいねやシェア、リツイートだけでもいいので、伝えてもらえると嬉しいです。

僕らは今よりも楽しい未来を作るために頑張っていくので、その想いに共感してもらえるのなら必ず楽しいものを見せられると思っています。

 

あとは単純に応援してもらえるとすごく嬉しいっす。

 

ライブのない今何を応援すればいいの?という声を最近いただきましたが、今はとにかくSNSのシェアやいいねが力になります。

そして持ってないCDやグッズがあるのなら通販で買えますし、noteで出してる有料記事も面白いと思いますのでぜひ買ってください。

 

僕たちとしてはとにかく本気であることがちゃんと伝わるまで本当のことをしっかり届けて、一つずつ実現させていくために頑張ります。




 

【おすすめ記事】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る