Blog

ダウンロード配信の未来はGoogleドライブでの共有

この記事も合わせてお読みいただけるとよりわかりやすいと思います。(後でもいいので良ければ★)

 




 

■CDにあってダウンロード販売にないもの

両方音源を届けるという意味では同じですが、この二つの大きな違いは「モノ」として届けることができるかどうかというところ。

まあそりゃそうだろ!なんですが!聞いてください。

 

「モノ」として残らないダウンロードには手元に残る物理的な「モノ」以外にもないものがあります。

 

それはテレビから流れてきた曲をいいなと思って買いに行った日のこととか、どこで買ったとか、「想い出」がありません。(厳密に言えばポチッとしたあの日としてあるけども弱い)

 

ましてやストリートやライブハウスで活動しているミュージシャンなら、一人一人のファンの方が足を止めてくれた日、出会った日のことなどを大体覚えていたりするものです。

でも「えーうちのこと覚えてないんー?マジ最低なんやけど〜ありえへん〜」とか言ってくる人のことはたとえ覚えていても遠くを見ながら覚えていないと言います。

 

その話は置いておいて、出会った日にCDを買ってくれて、サインを書いて、日付を書いて。

そしてそれが部屋にあってその日のことを思い出してもらえる。

その喜びのためにやってきたと言っても過言ではないです。

 

「あとでダウンロードしといてください!」ではその全てがなくなってしまいますが、CDは思い出の品として僕たちを繋いでくれました。(だからこそCDを作ってきました)

 

「モノ」として手にしてもらえることは僕たちミュージシャンにとっても本当に嬉しいことです。

 

■ダウンロード販売が抱える問題

さらにダウンロード販売には転載の問題があります。

つまりダウンロードした楽曲を勝手にYouTubeとかにアップされるということ。

 

もちろんこの問題はCDでも同じですが、「モノ」として残らないダウンロードではなおさらそれが問題になります。

「モノ」を手にできるわけでもないのにYouTubeで聴けたらなおさらダウンロードする必要ないですよね。

 

とはいえ有名な方になればなるほど転載はもう止めることができません。

さらにミュージシャンたちにとっては有名無名に関わらず、販売することよりも聴いてもらうことの方が大切であったりもします。

 

つまり転載は止められない、もしくはとにかく聴いてほしいのなら、自ら公開してしまって、その上でどのように届けるかを考えた方が早いということです。

 

だからこそ結局は「モノ」として手にしていただくことを考えて、CDに握手券やいろんな種類のジャケットなどを作って、付加価値をつけて販売するってのが今のメインになっています。

なのに実際にCDは物理的に聴けなくなってきている。(CDプレイヤーはもうほぼないし、パソコンもディスクトレイのないものが増えてきている)

 

つまり。

 

その「モノ」が必ずしもCDである必要はなくね?と思ったわけです。
そのことは詳しくこちらで書いてます

 

■Googleドライブを使って共有する方法

前置きが長くなりましたが、僕はとにかく「売れないよねー悲しいよねー」じゃなくて、「じゃあこんなのはどうかな!?」「それならこうした方が面白くない!?」ということをアーティスト側にもファンの皆さんにも投げかけ続けたいです。(それすらも一緒に楽しみたい)

 

そこで僕らが先日作ったのが楽曲ダウンロードコード付きマフラータオルでした。

 

これはタオルを買ってくれた方にダウンロードコードをプレゼントして、その曲はそのタオルを使って楽しむ曲という「楽曲とグッズを一緒に楽しんでもらう」ためのものです。

 

そのダウンロードの具体的な方法としてはGoogleドライブにフォルダを作って、そこに音源をアップして、そこにアクセスのできるQRコードをプレゼントしています。

フォルダにアクセスできるようにしているため、音源以外の歌詞もそこにアップして見てもらえるようにしています。

 

音源ファイルに直接リンクさせるのが通常のダウンロードの方法ですが、それをフォルダへのアクセスにすることによって、このようなことも可能になるし、もっと言えばフォルダ内を更新していくことも可能になります。

 

そして「モノ」としてはタオルを手にしていただいているので、そこには音源以外の価値もあるし、直接手渡すこともできるし、サインを書くことだってできます。

僕はこれがこれからのスタンダードになると思っているし、そうしていきたいと思っています。

 

そして何よりそれが一番楽しいと思っています☆

 

いやー絶対おもろいっす。
間違いなく面白いです。
ここで買えます。


買うべきです。
買ってくれませんか?
ごめんなさい買ってください。

 

曲の感想とかも教えてもらえると嬉しいです^^

 

みんなと一緒に面白い未来を本気で作りたいです。
ぜひよろしくお願いします!

 

 




 

【おすすめ記事】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る