Blog

【質と量どちらが大切か】ブログをまず1ヶ月毎日書いてみて思うこと

10月から連続でブログを書いています。(2018年)
今日で28本。
すみませんタイトルには毎日と書きましたが、正確には「ほぼ」毎日です。(ちょっと強がりましたごめんなさい)

 

1本大体3000文字から5000文字で、2〜3日で卒論を一本書いている感じですが、毎日大体3時間から4時間かけて書いています。

 

かなり書いてる風に書きましたが、毎日2.3記事書いているブロガーの方々がゴロゴロいるブログの世界で考えると、この文章量と数は全く大したことありません。

とはいえとりあえず1ヶ月書き続けたので、その中で思うことを書こうと思います。




■毎日一本なんて誰でもできる

もうすでに先に書きましたが、ブロガーとして一線で活動している方々にとって、1日一本なんて当たり前でそれ以上の方もたくさんいらっしゃいます。

 

つまり特に多いわけではありません。
ましてやもし何か一つのことを極めていくと思うのであれば、先人たちよりも下のレベルなんて話にならないし、数倍やれて初めて可能性が見えるものだと思っています。

 

僕はブログを仕事にしていくために書きはじめたわけではないですが、想いや考えをちゃんと伝えていくという意味においても同じで、誰よりも伝えようとすることしか伝わるキッカケにならないのだと思っています。

 

もちろん多くの人がブログだけで届けるわけではないので、それは僕らミュージシャンで言えば、歌でありCDであり、ライブであり、生配信であり、ツイートなど他にもあります。

でも種類が増えたところでその本質部分は全く同じで、どれだけやるか、どれだけ届けたいと思うか

 

こういう時に「質」と「量」どちらが大切なのかみたいな議論がありますが、仕事にするにしろ、想いを届けるにしろ「量」がないとそもそも話にならないと思います。

 

こういうことを言うとじゃあ「質はどうでもいいのかよ!」という通称「インターネット当たり屋」が現れることがありますが、答えは一つしかないです。

 

「質」の高いものを圧倒的な「量」届ける。

シンプルな一択っす。

 

つまり当たり前ですが、1日1本1ヶ月は全く足りないと実感しています。

 

■SNSは便利だけど届いていない

先にあげたようなブログやライブやCDだけでなく、SNSでも多くの方が何気ないつぶやきから告知まで、様々な情報を発信しています。

僕はいつも一歩目より二歩目三歩目の方が難しいと思っていますが、それはSNS上でも同じだと思っています。

 

例えば何か想いや情報を発信する時、人は一度発信すればそれを届けた気になってしまうことがほとんどです。(僕もそうでした)

 

ましてや新しくどんどんいろんな方と出会い、すれ違い続けるSNSの中で一度発信した程度の発言や情報が全員に届くなんてことは絶対にありえません。

 

それは精神論ではなく、事実としてSNSの仕組み的にも明らかです。

でも発信してる人間は一度届けるとどこか届いている気になってしまったり、何度も同じことを発信することを嫌がる人が多いように感じます。

 

もちろんそれは単純に同じことを呟き続けるとか、定期ツイートに登録するとか、そんな単純な話じゃないですが、ひたすら届けるしか届かないのは大前提で考えなければならない。

 

だからこそ何度でも同じことを言うことは大切だと思っていて、特にSNSにおいては「なんじゃこいつ!しつこ!!何回言うねん!またこいつや!」くらいがちょうどよくて、それでも届いていないと思った方がいい。

 

「大切なことだから二回言いました。」と学生の頃先生が言っていましたが、先生が何を言っていたかなんて全く覚えていません。

 

僕のせいではありません。
大事なことなのに先生がたった2回しか言ってくれなかったからです。

人間は二回程度では届かないです。

 

■インターネットは網

さらにここまで書いたような情報や想いというのは言葉にして、顔を見て、直接伝えることも大切なことだと思いますが、積み重なるところにも同時に残していくことも大切だと思います。

「インターネット」という言葉に「ネット」つまり、「網」という言葉が使われているように、インターネットはまさに網で情報や想いは繋がり、ひろがってくれます。

 

そしてその網の目が細かければ細かいほど、多くの場所と繋がるし、多くのものを捕らえる(届けられる)ものになっていきます。

 

つまりしっかり積み重ねて張りめぐらされたものはちゃんと繋がり続けていくということです。

 

■いかに本当を伝えるか

もちろん届けるためには方法だけではダメです。

でも想いだけでもダメなんです。

 

「想い」は経験や知識が導いてくれる「方法」がないと届かないし、そして方法も探し続けないと自分に合うものは判断できないし、やりきらない限りそれがあっているかなどうかなんてわからない。

 

つまり結局は最初の最初の話で、届けたいことが本当にあるのか、そしてそれを本当に届けたいかでしかないと思います。

 

「なんでわかってくれないんだよ!」
「どうして伝わらないんだ!」

 

そんなことを思ってしまうこともあると思います。

僕も今まであったし、これからもあると思います。

 

でもその気持ちはまずは誰よりも圧倒的にやってからしか、口にするスタート地点にすら立っていないと今は感じています。

ブログに関してはまだたった1ヶ月ですが、よりそう強く感じます。

 

まだまだいってみます。
良ければ一緒に^_^

まだまだいってみます。
良ければ一緒に^_^

まだまだいってみます。
良ければ一緒に^_^

 

大事なことなので三回言いました。

他にもさまざま書いていますので、良ければ読んでみてください☆




 

【おすすめ記事】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る