Blog

SNSでも現実でも一度なんかでは伝わらないので伝えたいことは何度でも言う

 




 

想いや言葉は一度口にしたらそれはもう伝わったものとしてしまいがちで、2度目3度目を言うのは野暮に感じたり、時にはダサく感じたりします。

 

「何度言えばわかるんだよ!?おっさん」が現れるのはこのためです。

 

そもそも違う感覚の人にたった一度のひとつの言い方だけで、その全てが伝わるはずはないのに、自分の中にはまだ言葉にしていないことも含めて存在しているものをたったひとつの言葉で伝えて、伝わったと思い込む。

 

「これ大切だからこうしてね」

 

それがなぜ大切なのか、それをやらなければどうなるのか、やらなかったときに過去どうなったのか、そういうことまで全てを伝えてようやく伝えられた方はその大切さを知り、気づきます。

もちろんそれを伝えられる側が自分で考えることも大切ですが、何か物事を伝えるとき伝える側もそこまで考える必要があります。(互いに歩み寄れる人がそれぞれにおいて一流)

 

しかもこれは作業面での話で、「想い」はさらにそれを「継続的」に伝えていかないと伝わりません。

 

それをやっていないのに「なんで伝わらないの!?」となるのは(気持ちはわかるけど)黄色信号で、そこにいるのは「相手が言うことをちゃんとわかろうとしないやつ」と「相手にちゃんと伝えようとしていないやつ」です。

 

「愛してるよ」

夫婦間でもいつまでもそう伝え合うのがいいって言われますよね。

 

そんなことを言いながらもこれはかなりハードルが高いと思ってしまうやつ(※データを裏付けるようにちゃんと独り身の僕)

 

もちろん伝える必要のない相手なら何となく(もしくは何も言わない)でいいと思うんですが、伝えたい人、伝えなければならない人に対してはまずは自分からちゃんと本気で何度も伝えなければ始まりません。(好きな人には好きと言おう)

 

僕自身ステージの上で一度話したことを何度も話すのはダサいと思っていました。

武士に二言はなし。的なやつです。

 

それは文字にするのも同じで、「同じようなことばっかり言ってもなぁ」と思っていました。(そう思いながら書くかつてのブログは単なるライブレポートでした。)

 

もちろん自分の考えややり方、正しいと思うことの全てが世の中全員に同じように伝わることはあり得ません。

 

1対1でさえそうなのに、ましてやこのSNS時代にたくさんの方に向けて一度書いたことなんてほぼ誰も見てないと思ったほうがいいくらいで、「え?知らなかった」と言われることなんて日常茶飯事です。

(12/8(土)交流会やります!)

 

僕は伝わるまで何度でも言う。

 

それが本気で伝える、伝えたいってことだと思います^^

 




 

【おすすめ記事】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る