Blog

作品同士が絡み合い、現実世界に落とし込む【人生すべてがコンテンツ】

約2年間カバー曲メインで音楽(動画)を作ってきましたが、今年の残り1ヶ月ひたすらオリジナル作品を作っていくことにしました。

 

その理由としてはカバー曲の制作スピードがだいぶ早くなってきたことがひとつで、以前は3時間かかっていた編集が大体1.5〜2時間ほどでできるようになってきました。(人は成長する)

 

これから今月のように集中して制作に打ち込む月などを作りながら、「完結することのないもの」を人生をかけて作り続けていきたいと思っています。

 

ちょっと抽象的な書き方になってしまったので、作っていきたいものを書いてみたいと思います!




■なぜ音楽を作るか

世の中にはいろんな音楽があって、いろんな音楽の作り方があって、作られる理由もさまざまです。

僕は自分が成り上がるために作るゴリゴリの音楽もかっこいいと思うし、単なるBGMとして作られる音楽で素敵なものもたくさんあると思っています。

 

でも「僕」がやりたい音楽は「誰かのためになるもの」です。

これは綺麗事で言ってるわけでも、カッコつけてるわけでもなくて(本当はちょっとだけカッコつけてるけど)、僕は根底の考え方に誰のためにもならない音楽を作るのは自由だけど、誰かの前で発表する必要はないと思っています。

 

昔から言ってきましたが、好きなだけならカラオケで歌えばいいわけで、誰かのために歌うのではないならステージに立つ必要はないです。(好きなだけでやってる音楽が誰かのためになるパターンももちろん素敵!それもかっこいいと思います。)

 

なので、あくまで僕の想いです。

 

というか音楽だけじゃなくて、このブログもYouTubeもその想いに結びつかないものは発信しないことに決めています。(でもTwitterとかで誰のためにもならないかもしれないけど、「あ〜疲れた〜」とかはたまに言わせてください)

 

喜んでくれたり、かっこいいと言ってもらったり、優しいと思ってもらえたり、泣いてくれたから泣いたり、ありがとうにありがとうって言ったり。

 

それが僕の最大の喜び。
それが僕の自分のためです。

 

■人生全てがコンテンツ

僕は音楽生活が始まってから、本当に一瞬もYuruのことを考えていない瞬間というのがなくて、ご飯を食べていても、お風呂に入っていても、友達と会っていても常にYuruのことを考えています。

 

会話の途中で頭の中がそのことでいっぱいになって、「聞いてる?」と言われることがマジ多いです。(ほんとごめん)

 

しかもその時脳が9割強持っていかれてるので、怖い顔をしてるらしい。(表情のことを考える脳の容量が消えている状態。)

 

ただわざとでもなんでもなくて、考えようとしてるわけでもなくて、自然にそうなっていて、休みとかいう概念もいつの間にかなくなり、9年前から人生全てがYuruです。

 

YURUTHEMOVIEが生まれたのはそれが理由でもあるんですが、ここ2年その時間がより濃いものになったことによって、その中で感じたこと一つずつに届けたいと思えることがでてくるようになってきました。

 

YURUTHEMOVIEはフル動画で見ることができます。

 

その一つがYURUTHEMOVIEであり、日本語学習ソングであり、今進めている企画たちであり、僕の目標のひとつである「本」を書くというところにも繋がってきました。

 

そしてそれを単発ではなく、日々共有しながら楽しめるものにしたくて、それをどう作品に落とし込むかを日々考えています。

 

■紐付いていくストーリー

全てが単発で終わるものではなくて、続いていきながら進化していくものにする。

 

これはYURUTHEMOVIEもそうなんですが、僕らのYURUTHEMOVIE第2章はすでに始まっていて、それは今このブログを書いている時間でもあり、これから先のことでもあって。

 

そしてYURUTHEMOVIEのように自分たちのことではない場所でも、作品同士が絡み合っていくものにしながら、それをこの先現実世界にも落とし込んで作っていきたいと思っています。

 

例えば槇原敬之さんの曲で「チョコレート工場の匂い」という歌詞が使われているものがあるんですが、これは高槻の明治の工場のことを言っていると言われていて、明治の工場の近くを通るたびその曲を思い出します。(槇原さんは高槻出身)

 

この経験はこの作品が現実世界に降りてくる瞬間であって、ぞくっとするようなとても大好きなものです。

 

僕はそういう音楽を作っていきたいし、さらにそれが単発ではなく、生活を取り巻くレベルでストーリーが紐付いて、感じられる作品を残していきたいです。

 

もちろん簡単じゃないです。
何年もかけて紐付いていたことがわかるようなものになると思います。

 

その音楽ならライブ当日だけじゃなく、CDを聞いている間だけじゃなく、日々を彩って支えられるものにできるかもしれない。

 

近々その第一歩になる新たなチャレンジしますので、見ていてもらえると嬉しいです!!

未来を一緒に作りたいです。

 

マジ頑張っちゃいます。

 




 

【おすすめ記事】



【Yuruのこと】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る