Blog

同じ想いを抱えている人の力になると決めたのだから隠すことはしない




 

約7年間続けてきた活動をリセットしてでも、また一から進もうと思えたのは相方のたつきをはじめとする自分のことを信じてくれる仲間がいたからでした。

 

そのおかげで僕はようやく本当の意味で好きなことを始めることができたように思います。

毎日ああでもないこうでもないと言いながら、不安はたくさんあったけど、ワクワクして進んできました。

 

だからこそ僕は僕らと同じような想いを抱えている人たちを応援する仲間でいたいし、ほんの少しだけ前を歩けるように頑張りたいと思っています。(ほとんどは過去の弱かった自分に伝えたいのかもしれません。)

 

そして去年少しでも今できることはないかとと、まだまだながら今自分が持っている知識と経験を振り絞ってブログで発信を続けました。

 

ファンの方だけではなく、悩みを抱えるミュージシャンやエンターテイメントを志す仲間にとっても、僕らがしてきたこと、気づいたことなど包み隠すことなくありのままに書き続けました。(例えば僕らの経験をもとに同じエンタメを志す誰かのキッカケになればと、YouTubeでどうすればバズるのかなども書きました。)

 

それまではライブの感謝や告知などのみを更新してきたブログで、そのようなことを発信するのは僕にとってチャレンジでもありました。

 

「どんな反応があるだろう。」
そんな心配な気持ちもありました。

 

でもその心配をよそにそこに待っていたのは「静寂」でした。
書いても書いてもほとんど反応はない。

 

そしてわずかに届くのは批判的なコメント。

 

「そんな話別に聞きたくない」という声もあったし、ミュージシャンから「手の内全てをファンの人になぜ見せるんですか?」とも言われました。

 

同じ想いを抱えている人の力になると決めたのだから隠すことはしない。

 

それが一般的に正解かどうかとか、常識的にどうとか、そういうのは正直わからないし、そこはどうでもよくて、少なくとも過去の僕が知ったことで変われたことを伝えたい。

そして多くの人と話すために議論を起こすことはできないかとこんな投稿もしました。

 

気を使いすぎた言葉は当たり障りのないありきたりな言葉になって、埋もれてしまう。

僕なりに批判、共感共に同じようなことを感じている人が声をあげ、議論が生まれるきっかけにするにはどうすればいいかと考えたトライでした。

 

でもその結果は意見をくれたファンの方も少しいたものの、のちのち「〇〇さんがキレてたよ。」とか「あいつはあんな言い方しかできないやつだと言われてたよ。」とまた聞きのみで声が届きました。

 

失敗の連続でした。

 

「誰かのことを変える」そんな偉そうなことを言うつもりもないです。

 

でも!必死に本気で変えたいと声を上げて、行動する人間がいれば、同じ想いを抱えている人に届く可能性はある。

 

「俺も変われるかも」
「私もこれならできるかも」

 

僕らが声をあげ、変わりたい!変えたい!と叫ぶことで、その次の言葉や行動が生まれる可能性が絶対にある!

 

そしてちゃんと結果を出せば、その声をより多くの人に届けることができる。
まだ「知らない」という理由で、悩んでいる人が必ずいる。

 

そこを本気でこじ開けに行きたいです

 

僕は音楽が大好きだし、同じように音楽を愛し、それをたくさんの人に届けようとしているミュージシャンが一番かっこいいと思っています。

 

そしてそんなミュージシャンを愛するファンの皆さんに希望だけじゃなく、現実にもっと面白いことを見せたいです。

そのためにはまだまだ足りてない部分があるのなら、そこは隠したり、沈黙するのではなく、事実として受け止めなきゃいけない。

 

音楽ができることはCDを聴いてる時間を彩ることや、ライブの時間に嫌なことを忘れることだけなんかじゃなくて、もっとたくさんのことが絶対にできる!

 

誰かの前に立ってメッセージを届ける人間として僕がやらねばならないと思うことは、「点」で終わってしまう楽しみを作ることや、うまくいかないことを嘆き合うことなんかじゃなくて、常識や当たり前をしっかりぶち破って、俺だってできる!できた!だからあなたももっとできる!そう伝えることだと思ってます。

 

僕は今まで曲でも、言葉でも「一緒に行こう」と伝えてきました。

 

僕もまだまだ変わりたい。
そしてみんなと本気で変えていきたいことがたくさんあります!

 

これからも失敗してしまうと思います。
でも本気で変えに行きたいです。
改めて伝えさせてください。

 

一緒に行きたいです。
一緒に行こう!
マジ頑張ります。


現在クラウドファンディングに挑戦中です。




 

【他の記事】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »