Blog

クラウドファンディングをする理由【残り7日】




3月1日にスタートしたクラウドファンディングがあと1週間で終わります。

 

すでに約2ヶ月もTwitterのタイムラインでは支援が入るたびにしつこいくらいにツイートしていたので、僕らのあだ名はきっとそろそろクラウドファンディングになる頃だと思う。

 

毎日同じ喫茶店でカフェオレを頼んでいた昔の僕の両親は、ある日入ったその喫茶店の奥の方から「オーレが来たっ!」と聞こえ、その日を最後にその喫茶店に行くことをやめたそうです。

 

「あ、クラウドファンディングの兄弟やっ!」

 


(笑顔の兄弟クラウドファンディングユニットゆる)

 

本当にありがたいことに現在56人が参加してくれ、支援額は387.000円が集まっています。

本当にありがとうございます!

 

とはいえまだまだ目標額には届いておらず、残り少ないとはいえ、1週間あるので引き続きファイトしてまいります。

 

そもそもなぜクラウドファンディングでのトライを決めたかというと、この「形になる前の段階」から皆さんに知ってもらうことができる場所で、もがきながら一つずつ形にしていくことを届けたいというのがまずひとつです。

 

何度も言っていますが、クラウドファンディングは手数料がかかるので、目標額の60万円に達しても手元に残るのは約50万円で、そこから送料などもろもろを引いた額をプロジェクトのために使うことができます。

ですので、ただこの企画を行うだけなら通販サイトを利用して行うこともできます。(普段CDやグッズを販売している通販サイト)

 

そこで行えば、手数料もかからなければ購入した方の居住地に合わせてプラスで送料もいただくことになるので、手元に残る額はクラウドファンディングで行うよりも多くなります。

 

それでも今回クラウドファンディングでのトライを決めたのは先に書いたように、まだ曲も完成していない、それをどんなフタドメシールにするかも確定していない、そのシールを置いてくれるスーパーも決まっていない。

それら全てをここから始めるんだという決意とともに、どんなこともこうやって始まっていくということ、それを本当に実現させていくということを、 みんなに共有して、ともに進んでいきたいと決めたからです。

 

「目標ってこうやって本当に実現するものなんだ」

 

それを一緒に見てもらって、未来で「な?やっぱりな?」と言いながら、笑いながら(たぶん泣きながら)みんなでお酒が飲みたいです。(それがひとつの目標。未成年の方はジュースね)

 

そしてこれらが仲間であるミュージシャンたちの新たな選択肢となり、関わってくれた人たちの日々を彩れるもののひとつにしたいです。

そしてこんな僕らが成し遂げることが、僕は同じように日々悩みながら頑張っているあなたの背中を押せるものになるのなら、それほど嬉しいことはない。

 

うまくいかないと嘆きながら、でも何かしなくちゃいけない、でもどうすればいいかわからない。

これじゃ絶対ダメだ。
そう考えてはいるけれど、日々に追われて、新しい場所に飛び込むことは怖くて、ただ流される。

 

気づけば9年。

 

そんなかつての僕のように悩みながら、でも戦っているあなたに「大丈夫やで!」と強く伝えたいです。

かつての僕も同じようにトライする人たちに背中を押してもらい、ようやく踏み出すことができました。

 

次は僕が。

 

いくら文字にしたところで、形にしない限りこの言葉たちにはまだたくさんの人の背中を押すには重みが足りないので、結果を出しにいきます。

 

とりあえずクラウドファンディングは残り7日です。
そしてその後も続いていきます。

 

良ければ一緒にこの一歩目に参加してください☆
応援していただけると嬉しいです!

 

昨日追加でオリジナル楽曲制作を2つ、他にも新しいリターンが追加されてますので、ぜひ見てみてください^_^

俺も頑張ってみる^^

 

【クラウドファンディング挑戦中!】

友だち追加

 




 

【他の記事】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »