Blog

タイのアーティスト「SIN」さんのFakeと言う楽曲にYuru参加させていただきました

古川登志夫さんとのレコーディングやタイのミュージシャンの日本語版作詞など、連日いろんなことをさせていただき、緊張感のある日々を過ごさせていただいております!

 

その中で日本語作詞を担当させていただいたタイのアーティスト「SIN」さんのFakeという楽曲が先日YouTubeで発表され、昨日からダウンロードが開始されました☆

● APPLE MUSIC : https://apple.co/2K01usz
● JOOX : http://bit.ly/fakejapanversion
● SPOTIFY : http://bit.ly/fakejapanversion_sp
● Digital Download *1231459 📞

 

今回 SINさんにはYouTubeでの僕たちのカバー曲をキッカケに声をかけていただきました。(嬉しい!)

通訳の方(バンコクのNIPPONHAKUでも通訳をしてくれたAKINAさん)を通して何度もすり合わせを行い、歌詞を完成させました。

 

母国語ではない言語への翻訳、そして作詞を任せてもらうというのは絶大の信頼を置いていただいているわけで、ありがたく思う気持ちとともにしっかりプレッシャーもいただきました。

作詞に関してはただ言葉を当てはめるだけではなく、意味を崩さずに「メロディに言葉をしっかり当てていく」ことを大切に、なおかつ今回はSINさんのイメージにあった言葉を選びました。

 

「メロディに言葉をしっかり当てていく」
というのは例えばSMAPさんの「世界に一つだけの花」で言えば、

 

「せ〜かいにひ〜とつだ〜けのは〜な」

の歌詞のところを

「あ〜りがと〜おおご〜ざいま〜すぅ」

で歌うこともできますが、後者は全くメロディに言葉が気持ちよく乗りません。

 

これに大きく作用するひとつが「接続詞(ここでいうと「に」や「の」)」で、この使い方や言葉のチョイスを間違えてしまうと文字数は合っているけど、メロディに乗らないということが起こってしまいます。(「替え歌」なんかは大体の場合がメロディに乗っていないことが多い。)

 

これらに関しては作詞を行なっている作詞家さんやミュージシャンにとっては意識している方も多い(自然にしている人もいると思いますし、もちろんそれだけが大切なわけではないです。違和感が逆に最高じゃん!となるときもあります。)と思いますが、日本語バージョンとして聞いていただくので、今回はそんなことも意識しながら楽しんでいただければと☆

 

皆さんが新しい音楽に出会うきっかけになると嬉しいです^^

 

 

相手を騙して偽るということは自分を偽ることでもあり、偽物は壊れやすいのと同じように作られた幸せはいつか壊れる。

「Fake」の隣には「Fake」が。
「Fake」には「Fake」が集まる。

 

素敵なミュージシャン、そして素敵な楽曲です。
ぜひ聴いてください☆

 

「Fake – SIN /Japn ver」
Music : SIN
Lyrics : SIN / YURU YUKI

キミダケさ キミダケさ
Kimi dake sa Kimi dake sa
作られた言葉を
Tsukurareta kotoba wo
翳しても 翳しても
Kazashitemo Kazashitemo
薄く透けてるから
Usuku suketeru kara

*拗らせ憂いて すり減ってないかな
Kojirase ureite Surihette nai kana
フリをして
Furi wo shite
虚像の笑顔に 痛みはないから
Kyozou no egao ni Itami wa nai kara
未来なき 光さ
Mirai naki hikari sa

**キミはただ
Kimi wa tada
Fake boy Fake girl
どこにでもいる
Doko ni demo iru
Fake boy Fake girl
気にも止まらない
Ki nimo tomaranai
Fake boy Fake girl
どう愛せばいい?
Dou aiseba ii?
Fake boy Fake girl
どうせ大事なのは自分のことでしょ
Douse daijina nowa jibun no koto desho

ご自由に ご自由に
Gojiyuu ni Gojiyuu ni
継ぎ接ぎのシアワセと
Tsugihagi no shiawase to
ニセモノは ニセモノは
Nisemono wa Nisemono wa
いつか壊れるから
Itsuka kowareru kara

Repeat *,**

 

どのような流れで作詞していったのかなどさらに細かくは楽曲制作をリアルタイムでお届けしているFacebookグループの「リアルタイム楽曲製作所」のほうでお届けしますので興味がある方はこちらも是非〜☆

 

【YuruのLINE登録はこちら☆】
友だち追加

 




 

【他の記事】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »