愛の形

作詞・優生
作曲・優生

おばあちゃんが渡したチョコレートを
食べれないからやるよと僕に
渡したのは恥ずかしかったから?
本当に嫌いだったから?

例え理由がそのどちらとしても
いなくなればいつものように
こっそり耳打ち、わかっているよ
お返し買いに行くんでしょ?

「チョコレートを買いたいんだ。
あの人が好きなものだから」
他のことは忘れてしまっても
絶対に忘れることのないもの
二人で誓った愛の形  
いくらでもあなたの足になりたいと思うんだ

二人が同じものをおいしいと言えたり
二人が行きたい場所が同じで
二人同じことで笑えるのは
単なる偶然がくれるもの

一人がもう一人の喜びの為自分が
嫌でもわかってあげること
わかりたいと思うこと自分の喜びになること
そこに愛が生まれくる

繰り返してくことによって
育まれたものは力になる
そこに、何が好きなのかなんて
言葉は生まれるはずもない
どうしてもまだ好きになったことしかないのかな

雨が降れば送るよ
夜景が見たければ見に行こうよ
嬉しそうにしたり、喜ぶ顔が見たいと思うこ
好きならばだれでも思えること
それをいつまでも思い続けていけるなら
愛の形

「チョコレートを買いたいんだ。
あの人が好きなものだから。」
他のことは忘れてしまっても
絶対に忘れることのないもの
二人で誓った愛の形
僕の知らない愛の形
いつか知りたい愛の形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別歌詞一覧

ページ上部へ戻る