二人のスーパースター

1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12
いつも口うるさく言っちゃってごめんね
秋の日差しがフロントガラス突き抜けて
沈黙の時間を溶かすように照らしてる

隣で眠る君を起こさないように
静かにブレーキ

※強くなろうとしないでよ
無理する自分が辛いでしょ
どんな人もはじめは弱いさ
弱さ隠さないでよ 隠してるうちは弱いまま
さらけ出してよ 僕が守り続けるから

何でもできるそんなスーパースターだって
はじめは泣くしかできないだけの赤ん坊

スーパースター二人で弾けて混ざれ
大きなエネルギーにするんだろう

下手くそでもいいんだよ
伝えたい気持ちが響くんでしょ
こんな僕も悩みは尽きないさ
偉そうには言わないけど
君のことはわかるんだよ
いつの間にか似ている仲間が集まるから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別歌詞一覧

ページ上部へ戻る