Blog

やりたいことが見つからないあなたへ




 

例えば三畳一間の部屋の中でずっと生きていたら、11対11でやるサッカーというスポーツを思いつくことは絶対にできないように、何かを諦めるときのほとんどの理由は「知らないだけ」だったりします。

 

いくらサッカーの面白さやルールを説明したところで、三畳一間しか知らない人はそれをやりたいと思うどころか、想像すらすることはできません。

 

「11人vs11人でボールを蹴りあって、枠の中に入れたら一点入る!その枠の前にはキーパーという役の人がいて…」

 

きっとそう言われた三畳一間の住人(そんな人おらんけど)は鼻で笑ってバカにするでしょう。

そして三畳一間を見渡しながら、こう続けます。

 

「現実を見ろよ」

 

でもそれはその人が見ている現実が狭いだけであって、現実を見れていないのはおめぇだよ!!と返したいところですが、グッと我慢して考えてみると仕方ないこともわかります。

 

だってその三畳一間の住人はグランドという広い場所があることすら知らないのだから。

 

たとえば今勉強しているタイ語でも「ゆうきさんは恵まれている」という声をもらいました。

 

その声を批判するわけではなく、その声の通り確かに僕は今タイ語を勉強するにあたって「ゼロ」から始める人よりは確実に恵まれているので、その通りだと思います。

タイ人の友達もいるし、ファンの方がたくさんいるからこそ、毎日毎日Facebookライブで勉強をすることができています。(本当にありがたいし、必ずお返しする!!)

 

でもそれはもちろん急に生まれたものではなくて、そこまでの道のりがあります。

 

アジアの曲を聴き始め、その中でタイの音楽に出会い、YouTubeにアップすることを始め、どうすればたくさんの人に聞いてもらえるのかいろんな人のたくさんの動画を見て、それを拡散するためのSNSのことを勉強して、(タイ語を勉強するということに関して)今の恵まれていると思われる状況にたどり着きました。

 

「好きなことがあっていいですね」
「やりたいことが見つからないんです」

 

そんな声をもらうこともありますが、これもほとんどの場合は本当に「ただ知らない」だけだと思っていて、全てにおいて「その前」の段階があります。

 

本当に好きなことがないなら、いっろんなことに触れない限り好きなことに出会うことはないし、それは誘われた飲み会に行ったからかもしれないし、美術館とか科学館とか、それこそライブとかストリートライブでも触れること、知ることからしか始まらない。

 

「いろいろ見たけどやっぱり家の中にいるのがいちばんの幸せだ!!」

それも最高!!

 

じゃあ次は家の中にい続けながら生きていくにはどうすればいいかを考えることができる。

 

それこそ今はいろんな情報がネットにあるのだから、まず「好きなこと 見つけ方」で検索する!

 

全てはそんなところから始まる。

というか!

そんなところから「しか」始まらないです。

 

それと同じでミュージシャンが諦める姿を何度も見てきました。

「マジか…!」

とすごく残念な気持ちになったこと、悲しい気持ちになったこともたくさんあります。

 

長く続けることは本当に大変なことも多くて、「解散」するということがその人たちにとって未来を輝かせることもあるし、何もかもを終わらせるわけではないこともわかっています。(だから辞めることを否定してるわけではないです)

 

でも長く続ければ続けるほどミュージシャンはミュージシャンしか見れなくなって、先に続くレールをある程度予想できるようになってしまう。

 

そして「諦める」

 

だから僕は違う場所に続くレールを作りにいく。

レールに使われている鉄がどこで売ってるのかも知らないし、それを止めるのはネジなのかなんか特殊な器具なのか、そんなこともわからないし、カナヅチを使ったこともない。(レールである必要はない。単なる表現ね)

 

知らないことだらけです。

知らないことを知らないまま終わりたくないので、一つずつ知っていく。

 

そしてそれを僕たちで作ることで、ほかのみんながまた新しい道を知ることにつながる!

僕たちだけの力なんて本当にちっぽけで、みんなと一緒に知っていきたいです。

 

この一歩目に参加してください!
一緒に作りましょう!

 

2歩、3歩、何十歩と進んだ時にこの一歩目のことをみんなで笑い合いながら語りましょう!!

歩みを止めないことを必ず約束します。

 

【クラウドファンディングに挑戦中で!】

友だち追加

 




 

【他の記事】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »