Blog

環境が違えば意見は当たり前にズレるけど




 

昨日は久しぶりに高校の頃からの友人とごはん。

 

ご飯といっても昨日はやることがあったので、僕は22:00頃から少し顔を出しただけ。

みんなの最近の話を聞きながら少しだけビールを飲みました。

 

もちろんみんなそれぞれ環境は違うけど、みんなと比べて僕はその中でもイレギュラーな場所にいる。

 

それもあってか大学卒業後、みんなとの会話の間には「違い」や「疑問に思うこと」が増えた。

 

それがキッカケで揉めたこともあった。
それぞれ全然違う環境でもう10年以上の月日。

そら合わなくなることがあるのは当たり前。

 

少し離れたこともあった。

 

でも僕が彼らとそれでも同じ時間を過ごしたいと思うのは単純に馬鹿な話をするのも楽しいけど、その「違い」や「わからないこと」を認め合えるやつらだからなのだと最近わかるようになった。

 

「知らないくせに」
「わからないくせに」

 

きっと誰しも誰かに対してそんなふうに思ったことがあるんじゃないかと思います。

 

でも「わかる」人たちばかりと話していると気づけないことや見えなくなることがあることも知りました。

 

昨日も意見は当たり前のようにまたズレたけど昨日も楽しかった。

 

昔より早く解散して駅から歩く帰り道。
僕はやっぱり喜ばせたい人が本当にたくさんいると改めて噛み締めた。

 

今日24:00からツイキャスします^_^

【クラウドファンディングに挑戦中!】

友だち追加

 




 

【他の記事】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »