Blog

レペゼン地球とゴールデンボンバーの新元号ソング「令和」に思ったこと

本日12:47新元号ソング「令和」をアップしました。

11:40に発表されてからダッシュでレコーディング!撮影!日本最速を〜!

 

と思いかけた瞬間の11:52

 

一件のLINEが。

 

平成で生まれ育ったレペゼン地球が
令和に向けて曲作ったよーん♪

暇過ぎてどうしようって人は聞いてね♪


(…なに!?)
※僕はレペゼン地球のLINEに登録している。

 

もちろん同じようなことを考える人はいるんだろうな(思いつくアイディアはほとんどの場合だれかが同じことを考える)と思ってはいたけど、いくら何でも早すぎんじゃね?!

と思いながらも

 

あ!もしかしたらタイトルだけ「令和」にして、歌詞には令和を入れてないのかも!
と思い、自分たちの音源を書き出している間にレペゼン地球さんの動画をチェック。

 

 

すると。

 


(1番最初から「令和」いうてる!)

 

口元を見えないようする技もあって(その手があったか!)、すでにしっかりとPVまで撮影されてました。

 

いや〜マジすげぇなと思いました。(株のデイトレードみたいなレベルのスピード)

 

しかーし!
すげぇ〜と言いながらもだらだらするわけにはいかない!
まだアップをあきらめたわけではない!

 

そして12:47にアップ〜!!

 


しゃーーーーおらぁーーー!!!

 

その1時間後にゴールデンボンバーさんもアップされてました。

 

ゴールデンボンバーさんは事前に告知をしていて、新元号発表の瞬間から生放送をして、その中でレコーディングして、PVを作ってアップ。

告知解禁とかに振り回されずにファンの方を巻き込み、1ヶ月前から話題にしちゃう。

これもマジすごい。

 

僕たちも事前告知をして、少しでもスタートを盛り上げていきたいなーと一度思ったけど、ゴールデンボンバーさんがそれをすることを知ってやめました。

今回は昨日出した「平成ソング」と合わせて出したかったってこともあったけど、ゴールデンボンバーさんと僕らがそこで同じことをしても歯が立たないのは残念ながらわかっていたので、少しでも早く!にトライしてみました。

 

自分で結構良い案だと思ってたけど、正直に言って彼らはその一歩先でした。

 

レペゼン地球さんにもゴールデンボンバーさんにも単純にすげーなーくそーと思ったし、だからこそ彼らの人気があるのだと、同じところに挑んだことによって、それを肌で感じたというか。

 

タイトルを「レペゼン地球よりは遅く、ゴールデンボンバーより早い新元号ソング」にしたこともあって、そのあたり経由で来てる人たちから低評価とそのコメントが入ってるけど、それに対しては一言だけ言わせてほしい。

 

「そんぐらいええやん?ちょうど間にアップしたんやから単なる事実やん?やめてやん?」

 

以上です。

 

ただ今回改めて感じたのは彼らはこういう戦いに日々挑み続けているからこそ結果を出し、それを繰り返しているからこそ、今日みたいに日本のトレンドになるほど盛り上げ、ファンの方たちをワクワクさせることができるということ。

 

さらに同時に思ったのはやっぱり面倒なことにこそ価値があるんよなぁと。

 

楽なことの方が簡単にできるからこそ挑む人は多いけど、正直に言って面倒なことに挑む方が長い目で見て必ず価値があるし、そして勝つ人たちはそれをひたすら繰り返してる。

 

僕たちは圧倒的に無名。

それはわかってるからこそ面倒なことに挑み続けるだけは決めてるというか。(それでもまだまだ足りないことは多いから頑張るー!今回も少し足りなかった。)

 

そして僕は彼らのようにこういうトライをしてる人も、自分たちがトライすることも大好きなので、これからもトライすることだけはやめずに頑張っちゃいます。

それを一緒に楽しんでもらえたらば、それほど嬉しいことはないです^_^

 

とはいえまだ今日アップしたばかりなので、ここで終わりなわけもなく、まだこれからたくさんの方に出会う曲になるかもしれません☆

ぜひ聴いてね〜^_^

 

そして現在こちらにもトライ中!
クラウドファンディングぜひ参加してください〜!

 

このスタート君が変わるために使え!
「令和」 by Yuru

 

今日も未来に向かいます~☆

 

友だち追加

 




 

【他の記事】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »