別れて溢れてこぼれて忘れて

作詞・ゆる
作曲・龍生

いくら頑張っても無理だって
弱音しか出ない新しい日々
これからも覚えてくこと溢れてくことが多すぎて

辛くて泣いたこんな日々なんて
嫌でしょう?

慣れてきた生活が後押しして別れ切り出した
どんな時も支えてくれたあなたいたから
乗り越えれたのに

辛くて泣いた そんな日々なんて
思い出せもしないの?

後になって気づいた想いがとめどなく
流れこの手に落ちていくんだ
自分勝手に放った言葉を
消したくても消えてくれない

あなたの顔見れなくなって
いつの自分に戻ったんだろう
生活の中心がリズムがわからないあ
なたいないから

会いたくて泣いたそんな日々なんて
思い出せないはずない

あの時見せたあなたの涙が
目に焼き付いて閉じても浮かんでくるんだ
いつも一緒にいた思い出が
心の肩を強く揺さぶるんだ

後になって気づいた想いが
とめどなく溢れこの手じゃ小さすぎて
自分勝手に放った言葉を
消したくても消えてくれない

後になって気付いた想いが
多すぎて僕の手だけじゃ持ちきれなくて
少しずつ手からこぼれ落ちて
いつか忘れて歩き出してしまうのかな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ別歌詞一覧

ページ上部へ戻る
Translate »