2.相対性絶対的理論(Relativity Absolute Theory)

Japanese

作詞(Lyrics)・龍生(Tatsuki)
作曲(Music)・龍生(Tatsuki)

「涙は女の武器よ」 君は言わないよな
戦いじゃないから
どんな想いがそこにあったとしても
楽しいことがあったな あったな

君の中の弱いとこ まとめて全部守ってあげる

※君置いて 僕はひとり歩けないって思うから
特別愛しくなる
弱いとこも力に変えてくれる人
僕も一緒に歩くよ 君を行け

「男は女を守るもの」 僕は言わないよな
保護者じゃないから
どんな言葉がそこにあったとしても
楽しいことを作ってく作ってく

君の中の強いとこまとめて全部頼ってあげる

君置いて 僕はひとり歩けないって思うから
特別愛しくなる
強いとこを自信にさせてくれる人
君と一緒に歩くよ 僕を行く

 

Hiragana(reading)

さくし・たつき
(sakushi・tatsuki)
さっきょく・たつき
(sakkyoku・tatsuki)

「なみだはおんなのぶきよ」きみはいわないよな
(「namida wa onna no buki yo」kimi wa iwanai yona)
たたかいじゃないから
(tatakai ja nai kara)
どんなおもいがそこにあったとしても
(donna omoi ga soko ni atta to shite mo)
たのしいことがあったな あったな
(tanoshii koto ga attana attana)

きみのなかのよわいとこ まとめてぜんぶまもってあげる
(kimi no naka no yowai toko matomete zenbu mamotte ageru)

※きみおいて ぼくはひとりあるけないっておもうから
(kimi oite boku wa hitori arukenaitte omou kara)
とくべついとしくなる
(tokubetsu itosiku naru)
よわいとこもちからにかえてくれる人
(yowai toko mo chikara ni kaete kureru hito)
ぼくもいっしょにあるくよ きみをいけ
(boku mo issho ni arukuyo kimi wo ike)

「おとこはおんなをまもるもの」 ぼくはいわないよな
(「otoko wa onna wo mamoru mono」boku wa iwanai yona)
ほごしゃじゃないから
(hogosha janai kara)
どんなことばがそこにあったとしても
(donna kotoba ga soko ni atta to sitemo)
たのしいことをつくってくつくってく
(tanoshii koto wo tsukutteku tsukutteku)

きみのなかのつよいとこまとめてぜんぶたよってあげる
(kimi no naka no tsuyoi toko matomete zenbu tayotte ageru)

きみおいて ぼくはひとりあるけないっておもうから
(kimi oite boku wa hitori arukenaitte omou kara)
とくべついとしくなる
(tokubetsu itosiku naru)
つよいとこをじしんにさせてくれるひと
(tsuyoi toko wo jishin ni sasete kureru hito)
きみといっしょにあるくよ ぼくをいく
(kimi to issho ni arukuyo boku wo iku)

ページ上部へ戻る
Translate »