【クラウドファンディング】日本をテーマにした楽曲を観光地で撮影し、日本とタイから世界へ挑戦したい


現在の支援総額 0円
目標金額 1,000,000円

達成率 %

残り0日
サポーター0

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

▼自己紹介

大阪出身の兄弟で「Yuru」という音楽ユニットをしている山本優生(やまもとゆうき)と申します。
2010年から弟と二人で音楽活動を開始し、2016年にタイの音楽に出会い惹かれ、それを日本語でカバーしたことをきっかけに以後日本とタイで音楽活動をしております。



(2017年から毎年出演させていただいているNIPPON HAKU BANGKOK)

そしてタイでの活動をきっかけに現在は世界で勝負したいと思うようになり、今年さらに活動を拡げていくために「Sakura Tengu(桜天狗)」という別名義で同じく音楽に興味を持ったインドでの活動をスタートしました。
別名義での活動にした理由は日本から世界に向けて発信していくために、名前を見ただけで他国の方が日本のミュージシャンだとわかるようにしたかったことが一番の理由です。
現在YuruのSNSの総フォロワーはタイの皆さんを中心に約60万人です。

自分たちの音楽を続けていくことができるきっかけをくれたタイの皆さんに本当に感謝していて、現在はタイをはじめとする若い世代への支援や、日本から海外に向けて活動している中での挑戦や経験を届けること、そして何よりその中で出会えた皆さんにより面白いものを届けるために、活動をより大きくして世界で活躍することを目標に日々活動をしております!




(バンコクで行ったファンミーティング)

▼プロジェクトのきっかけ

活動の中で他国から見た日本、日本から見た世界というものを考えることが多くなりました。
その中でも特に他国のエンターテインメントに触れる気ことが多くなり、いろいろなことに気づくことも増えました。

例えば「日本語」をテーマにした楽曲で現在YouTube上で世界で一番再生されている楽曲を歌っているのは日本人ではありませんし、日本語の情報を発信していて人気のある方や有名な方もそれぞれの国の日本語が堪能な方であることがほとんどです。

さらに世界で注目を浴びる日本のアニメですが、その主題歌においても時に海外の方のカバー動画が本家を上回っていたりします。
もちろん素敵な動画であるからこそ多くの方に見られているということが大前提としてありますが、少なくともカバーが本家を上回るケースは本当にまれで、ましてや日本のアーティストの楽曲を海外の方のカバーが上回っているというその大きな理由のひとつとしてあげられるのが、言語別の表記設定がされていないなど、ごく簡単なことだったりします。

原曲は日本語表記のみで、海外の方のカバー曲は英語表記があることによって、検索時に英語で検索している人たちに対してカバー曲の方が上位表示されているといった感じです。

もちろんこのようなことだけではなく日本は海外に向けての発信において、意識・知識ともに大きく遅れをとっているということは事実だと思います。(もちろんその中でもすごい方はいらっしゃいますので、あくまで全体的な話です。)

自分たち自身あの時知っていれば防げたことや時には終わらなくてもよかったことなどを経験してきましたし、ましてや日本のことであるにもかかわらず、そして日本で素敵な作品が作られているのにもかかわらず、この現状はやっぱり悔しいなと感じます。

もちろん自分たち自身まだまだ知らないことばかりで、まだ世界戦の舞台に上がったことはありませんのでもっと勉強しながら進まなければいけないのは大前提なのですが、そこに挑戦し、さらにそれを多くの方に共有していきたいです。

 

▼プロジェクトの内容

そこで今回「日本語」をテーマにした楽曲を作り、そのミュージックビデオを制作するためにクラウドファンディングを行うことに決めました。
今回クラウドファンディングサイトを使わず、自身のホームページと通販サイトを使って行う理由は僕らの発信が少しイレギュラーな「日本語とタイ語で発信をするということ」、そして購入のシステム等を考慮した結果、「タイをはじめとする海外からの購入においてこの方法が最もわかりやすい」と判断しました。(それらすべてにおいてわかりやすく対応してくれるクラウドファンディングサイトは現時点ではありませんでした。)

そしてこのプロジェクトは先ほど今年別名義での活動を始めた「Sakura Tengu(桜天狗)」で行います。


(Sakura Tengu - 桜天狗)

理由は桜天狗は今年の6月に活動をスタートさせ、世界チャレンジをするユニットとして始めた「和」をテーマにしたユニットなので、日本から世界へ発信することが目的です。

まず「日本語」をテーマにする理由としては、僕たちにとって今までの経験を生かせる分野のひとつであり、タイのファンの皆さんに喜んでもらえるものでもあります。
日本語学習者は近年減ってきているの言われてはいますが、毎年新しく日本語を学びたいと思ってくれる方がいることも事実ですし、減っているとしても過去に日本語を学んだ方がいなくなったわけではないので、大いにチャレンジできる分野だと思います。

今回はまずは認知を拡げるために学習のみにフォーカスするのではなく、エンタメ性を強くして、今まで自分たちが行ってきた日本語学習の発信内容から厳選して内容を固め、日本語英語(Japanglishなども含め)や日本人あるあるなどを取り入れた「日本に興味を持ってもらうきっかけ」になるものを作りたいと考えています。

そしてそのミュージックビデオを地元である大阪の観光地で撮影します。
僕らのフォロワーの皆さんには日本旅行が好きだという方も多いので、その皆さんにアプローチし、観光地の紹介もしながら、2025年の大阪万博に向けて海外から大阪を訪れる方も増えると見込まれていることなども含め、これからのインバウンドを盛り上げていく一つの力にもなれればと思います。

先ほど日本は世界から遅れを取ってしまっているとは書きましたが、日本には先人の方たちが積み重ねてきてくれたものがたくさんあります。
それらを日本人として最大限に生かしながら力をお借りし、そして自身のこれまでの活動を生かし、共に盛り上げる作品を作るというのが今回のテーマであり、目的です。

その中で僕たちは世界を目指します。

そして今後この楽曲を発展させていき、他にも日本をテーマにした楽曲を製作していきます。
なので今回は第一弾という形でここからの挑戦を見届けていただけると嬉しいです!
世界への道を進みながら、道中を皆さんに共有させていただきます。

共感してくれる皆さんにぜひ応援していただきたいです!
挑戦したいです。
必ず面白いもの、そして結果を届けてみせますので、ぜひよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

▼資金の使い道

・楽曲の音源制作費用
・ミュージックビデオ制作費用
・撮影場所への交通費やスタジオ費用
・通販サイトへの手数料
・送料

ページ上部へ戻る
Translate »