Blog

  1. 環境が違えば意見は当たり前にズレるけど

     昨日は久しぶりに高校の頃からの友人とごはん。 ご飯といっても昨日はやることがあったので、僕は22:00頃から少し顔を出しただけ。みんなの最近の話を聞きながら少しだけビールを飲みました。

  2. 継続していくために考えなければいけないお金のこと

     昨日のブログに書いたフタ止めシールを配ってもらう時に一緒に割り箸配る作戦ですが、割り箸を配るにしても配らないにしても、どのように継続していくのかがこの企画の成功への重要ポイントだと思います。

  3. さっそく割り箸のことを調べに行ってみた

    先日のツイキャスの時に現在行なっているクラウドファンディングについてこんな意見をもらいました。

  4. できないことからできることを生む

     僕たちが活動を始めた2010年頃はすでに路上ライブはできる場所も限られ、街の風景の一つとなり、(見慣れて、聴き慣れて)足を止める人も少なくなったと言われていました。

  5. ほとんどの人が応援されない理由

     昨日のツイキャスでも話したんですが、人は何かを成し遂げたい時、夢を語る時大きく3つのパターンにわかれるよね〜という話。 例えばある「村」があります。そこにはこんな3人が。

  6. やりたいことが見つからないあなたへ

     例えば三畳一間の部屋の中でずっと生きていたら、11対11でやるサッカーというスポーツを思いつくことは絶対にできないように、何かを諦めるときのほとんどの理由は「知らないだけ」だったりします。

  7. サシ飲みしてきました

     昨日は早速クラウドファンディングのサシ飲みがスタートしまして、お昼は「奈良」夜は「難波」へ。 (パスタうまかった〜🍝) お昼の奈良では女性お二人とパスタランチしながら。

  8. 物語はここから始まる

    昨日紹介した「サンプンカン」という曲は今までで1番時間をかけて作った曲で、放置してたとかではなく、作っては直し作っては直しを繰り返し半年ほどかけました。

  9. 言えてなかった最も大切なこと

     毎日毎日クラウドファンディングのことをひたすらに投稿しており、度々タイムラインにお邪魔しておりますm(__)m それはもちろんこの企画の「告知」でもあるんですが、1番はこの企画を通して「盛り上げたいこと」その想いを伝え続けています。

  10. 集え!学生時代に戻りたい君よ!

     「あの頃に戻りたい」「高校生の頃が1番楽しかった」君もそんなことを思ったことはないかい? (そう語るのは今日も彼だ) きっと多くの人が一度は思ったことがあると思う。

ページ上部へ戻る
Translate »